クローブの血行促進効果でつらい冷え性を解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

147_冷え_re

虫歯予防につながるハーブの一種クローブの使い方

西洋料理において香りにアクセントを与える目的で使われるのがハーブですが、このハーブは元々は船で食糧を輸入する際に亡父や防虫の目的で一緒に乗せられていたことが始まりです。

そのハーブにおいてこれらの目的のもとで使われていた物がクローブであり、このハーブはブラジルなどの温暖な気候で栽培される植物で船で往来していた時代には金と銅価値のある物としてヨーロッパで人気となっていたのです。

虫歯予防に使われるクローブ

ハーブの本来の使い方としては強い香りによって虫がよるのを防ぐと共に、このハーブに含まれている香り成分や葉内部にある液の効能による防菌作用があることによって食品の近くにおいていたことが始まりです。

このクローブの場合では強い抗菌作用があることによって、この葉を口に含むと近年世代問わずに増えている虫歯予防につながります。

血行促進効果があることによって冷え症予防になるクローブ

このクローブは主に温かいスープに使われることが多いのですが、その理由は香りもそうですがしょうがのような体を温める効果を持つことです。この体を温める効果は胃腸を温めることによって消化吸収を助けると共に、細胞の活性化にも役に立ちます。

そのため栄養吸収促進と血行促進効果によって、現在の女性において多くなっている冷え性予防に効果があります。

料理の香りづけに使うと良いクローブ

クローブは香り成分によって防虫防菌作用があることから、このハーブを使うときには香りのアクセントとして使うことが良いのです。

そのための方法としてはハーブに切り込みを入れて香り成分を出しやすくして、その後に肉や魚にまぶして一緒に役と香り成分が肉や魚に入り込むことによって美味しくなります。

クローブの健康効果を得るためならスープや紅茶などに

香りづけの印象として強いクローブは実際に料理として加えると栄養価の高いハーブの一つのため、ハーブの力を得るためには、このハーブを汁物に加えると良いと言えます。

その際には焼きと同じくハーブに切り込みを入れた後に、茶葉を入れる紙袋に詰めた後にスープの中に入れると成分を入れることができるのと後で取りだしやすくなります。

少量でも効果のあるクローブ

このクローブの摂取量は使い方が味付けなど少量ずつ使うため明確に記されていないのですが、実際には大さじ2杯が限度と言えます。

その理由としては、このハーブは強い抗菌と殺菌作用があるため取り過ぎると胃腸の良い菌まで攻撃してしまう危険性があるため少量ずつ使い自分の体の状態を把握しながら行うと良いです。

クローブを料理を楽しくするハーブとしてでなく美容にも使おう

ハーブの使い方というのは抗菌防虫作用が始まりで、それから香り成分が料理に使うとアクセントになることによって過去から現在に伝わるようになったのです。

しかしクローブといったハーブの使い方としては料理だけでなく、このハーブの樹液を利用して肌に使うと美容効果を得ることができるなど様々な使い方があるので試してみると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加