内から疲労回復、外から美肌効果!クエン酸に注目してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

222_レモン_re

内から疲労回復、外から美肌効果!クエン酸に注目してみよう!

すっぱい食べ物はお好きですか?クエン酸は、柑橘類などの食べ物に含まれるすっぱさの成分です。味覚は人それぞれですから、中には苦手だという方もいるかとは思います。

ですがこの成分には、そんな方も思わず摂らずにはいられなくなるような魅力的な健康効果が沢山あるのです。ここではその具体的な効能や摂取方法についてご紹介したいと思います。

クエン酸で、体から乳酸を追い出そう!

私たちが運動をしたりストレスを感じるたびに、体内では乳酸という疲労物質が蓄積されていきます。乳酸は疲れや筋肉痛の原因となる厄介なものです。

クエン酸が持つ大きな役割として、乳酸を分解することと乳酸の生成を抑えることがあります。つまり疲労の回復や疲労の防止に役立ってくれるというわけです。疲れが溜まりやすい体質の方には、特に注目をしてほしい効能です。

摂るだけじゃない!体につけるクエン酸って!?

クエン酸には血流の改善やミネラルの吸収を助ける効果もあり、これはきれいな肌をつくる上で重要な要素になります。ただこの成分の力はそれだけに留まりません。

なんと洗顔や入浴に用いることで、ピーリング効果を得られるのです。ピーリングとは古い肌の角質を剥ぎ、新しい肌へと再生することです。そういった点からこの成分は、体の内からも外からも美肌効果があると言えますね。

レモンはクエン酸の宝庫です!

すっぱい食べ物といえば、最初にレモンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。レモンはそのすっぱさに見合った多くのクエン酸を含んでいます。果肉を食べるのが一番手軽ではありますが、やはりなかなか抵抗もありますよね。

そんな場合にオススメなのが、レモンを使ったお菓子やジャムです。この成分は熱加工されても失われず安心して摂取できますので、レモンが苦手な方も試してみてくださいね。

梅干しを食べてクエン酸を摂ろう!

クエン酸は梅干しにも多く含まれます。塩分がありますので過剰に食べるのは注意してくださいね。

ご飯のお供として食べてもいいですが、肉や魚の調理に使用して摂取するのもオススメです。梅干しは食材のうま味を引き出すことができ、肉や魚とは相性が良いです。すっぱさも緩和されますので一石二鳥で便利ですよ。

生活のスタイルと相談して、自分に合った量を摂ろう!

クエン酸の1日の目安摂取量は、2gから5gとされています。ですが体をあまり動かさない方やストレスを感じにくい暮らしを送っている方は少なめでも構いません。

逆に疲労を感じることが頻繁にある方は、これより多くても大丈夫です。毎日継続的にしっかりと摂ることが重要ですので、意識をしてみてくださいね。

クエン酸には健康への可能性が沢山あるんです!

体の疲れや肌の調子は日常の悩みにもなりやすく、解決に向けて試行錯誤している方も多いのではないでしょうか。クエン酸はそんな方の強い味方になってくれます。良薬は口に苦しといいますが、すっぱい成分にも沢山の健康効果があったんですね。

血流の悪さにお悩みの方も、ミネラルがうまく摂れない方にも有効な成分ですので、これを機にぜひ覚えておいてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加