目の健康には「ゼアキサンチン」!緑黄色野菜をどんどん食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

114_美肌女性_re

「ゼアキサンチン」はカロテノイドの一種で、緑黄色野菜に多く含まれている、オレンジ色や黄色の色素です。目の黄斑部や水晶体に多く含まれていて、目の健康になくてはならない成分と言われています。

「ゼアキサンチン」とは

ゼアキサンチンはルテインと同様、キサンフィル類と呼ばれるカロテノイドの一種です。パプリカやほうれん草、とうもろこしなどに豊富に含まれています。カロテノイドは600種類以上ありますが、そのうち網膜の黄斑部(網膜の中心部)にあるのはゼアキサンチンとルテインのみと言われ、目の健康を担っていると考えられています。

目の構造と黄斑部の役割

目の黄斑部とは網膜の中心部のことで、直径約2ミリ程度の小さな点です。網膜はカメラのフィルムの役割を果たし、外からの光が瞳孔、水晶体を通り一番奥にある網膜に当たることで物が見えるのです。その中心にある黄斑部だけが物を正確に捉えることが出来、その回りの部分では正常な視力でもきちんと物を見ることができません。そのため、黄斑部に障害が起きると視力が著しく低下してしまいます。

網膜の下には網膜色素上皮があり、加齢と共にその下の部分に老廃物が溜まって来ます。すると黄斑部にも障害が起き、加齢黄斑変性症を起こし、視力が低下します。最初は変視症と言って、黄斑部が見る中心部がゆがんで見えますが、回りは正しく見えています。その後黄斑部が全く見えなくなり視力も一気に低下していきます。最後には色も判別できなくなってしまいます。

ゼアキサンチンの効能・効果

黄斑変性症の予防

ゼアキサンチンには強力な抗酸化作用があり、特に活性酸素が黄斑部に与えるダメージを抑制する働きがあります。さらにこの抗酸化作用は紫外線や、パソコンやスマホなどから発せられるブルーライトを吸収する働きもあるため、黄斑変性症予防効果につながると考えられています。なお、黄斑部にはゼアキサンチン、その周辺部にはルテインが多く存在しているため、両方摂ることで相乗効果があるとの実験結果が出ています。

白内障の予防

白内障とは水晶体が白く濁る病気で、原因は活性酸素と言われています。加齢や紫外線で水晶体が酸化し、少しずつ白濁して行くのです。40代頃から水晶体が濁り始め、60歳代で70%、80歳代になるとほぼ全員の目が白内障になると言われています。そのまま放置すると失明し、白内障は世界で最も多い失明原因です。緑黄色野菜を多く摂っているほど白内障発症が抑えられることから、緑黄色野菜に含まれるゼアキサンチンやルテインが白内障に有効であると考えられています。

ゼアキサンチンを効率的に摂るには

緑黄色野菜、特にほうれん草やパプリカ、とうもろこし、果物に多く含まれています。脂溶性のため、緑黄色野菜は炒めて食べると効率的に摂取できます。ゼアキサンチンやルテインは体内で作られているものですが、加齢と共に減って行き、40代でほぼ作られなくなると言われています。そのため、食事やサプリメントで摂取しなくてはなりません。ルテインやゼアキサンチン入りの目薬やサプリメントが多く販売されていますので、緑黄色野菜を摂ると共にサプリメントも活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加