コレステロール値が急降下『n-3不飽和脂肪酸』のスゴい効果って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コレステロール値_re

突然ですが、『n-3不飽和脂肪酸』ってご存知ですか?実はこれ、血液をサラサラにする効果があるスゴい脂質のこと。魚や一部の植物油に多く含まれている成分です。特に代表的な『n-3不飽和脂肪酸』は、DHAやEPA。そう、DHAといったら脳の働きを活発にすることで有名。みなさんも一度はその名を耳にしたことがあるはずです。さらにこれらn-3系の脂質には、血液中のコレステロール値を下げてくれる嬉しい効果も期待できるんです。

病気予防の強い味方!n-3不飽和脂肪酸の効果とは?

摂取することによって、血液中の中性脂肪の低下を期待できる『n-3不飽和脂肪酸』。摂取すれば、ドロドロになった血液でさえ健康的なサラサラ血液に大変身。つまり、脳梗塞や脳卒中の原因になる血液のつまりや、血栓も防いでくれるのです。また、血液の流れが悪くなると、さまざまな病気の原因になることは周知の事実。血液の流れを良くしてくれる『n-3不飽和脂肪酸』は、私たちの体にとって、とても重要な成分なのです。

花粉症の方に朗報!n-3不飽和脂肪酸でアレルギーを予防しよう!!

コレステロール値を低下させる『n-3不飽和脂肪酸』。そのn-3系の脂質でもう一つ忘れてはいけないのが、αリノレン酸です。皮膚のかゆみや鼻炎、口内炎などを抑える効果が期待されているαリノレン酸。日本人の多くが悩む花粉症予防の強い味方になってくれるに違いありません。血液をサラサラにするうえ、アレルギーの予防効果も期待できる『n-3不飽和脂肪酸』。ますます気になる存在です。

毎日の食卓には、n-3不飽和脂肪酸たっぷりの青魚がおすすめ!

『n-3不飽和脂肪酸』の代表的な成分、DHAやEPAが青魚に多く含まれているのはよく知られていること。とりわけ、イワシやサバ、マグロには多く含まれているので、魚を食べる際にはこれらの魚を意識して摂取したいものです。まずは毎日の食事から。魚料理へのハードルを低くするためにも、朝ごはんを和食に変えてみてはいかがでしょう。毎朝の食卓にイワシの塩焼きや塩サバなどを一品添えるだけで、1日の『n-3不飽和脂肪酸』摂取量はぐんとアップ。忙しい朝の食卓に、魚料理を取り入れるのが難しいなら、夜ご飯を魚メインにしてみては?健康維持も効果できるうえ、自然と夜の摂取カロリーが控えられるので、理想的なスタイルにも近づけそうです。

手間なし! n-3不飽和脂肪酸をたっぷり上手く摂る方法

もう一つの『n-3不飽和脂肪酸』の代表的な成分αリノレン酸。エゴマ麻油、クルミ、アマニ油、ゴマ油などにはこの成分が多く含まれています。身近なスーパーなどで、手に入れやすいこれらの食材。普段使いで、たっぷりと摂取しましょう。特におすすめの調理法はサラダ。ドレッシングをαリノレン酸入りの油で手作りすれば、ダイレクトにn-3不飽和脂肪酸を摂取することが可能です。作り方は簡単。リノレン酸入りの油と酢、塩こしょうを混ぜるだけ。酸味が気になるかたは、少しはちみつなどを加えてもいいですね。さらにクルミをトッピングとして加えれば、αリノレン酸がたっぷり含まれたサラダの出来上がり。より多くn-3不飽和脂肪酸を摂取するには、継続していくことが大事。さらに工夫して、より美味しく自分好みにn-3不飽和脂肪酸をしてはいかがでしょう。

1日たった2gで

『n-3不飽和脂肪酸』の1日の必要摂取量は、成人で2.1g、女性なら1.8g以上。例えば、n-3不飽和脂肪酸が3.2g含まれているマイワシ100gなら、毎日1匹食べるだけで無理なく『n-3不飽和脂肪酸』を摂取することが出来るのです。悪玉コレステロールを減少させて、サラサラ血液を作り出してくれる『n-3不飽和脂肪酸』。日本人の国民病、成人病の予防にも効果があり、とても期待できる成分です。ただ不足するとアレルギー症状の悪化にもなりかねません。アレルギー症状でお悩みの方にも、積極的に無理なく取り入れることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加