関節の痛みの原因、軟骨の減少をストップさせる!プルプルお肌も目指せる『コンドロイチン硫酸』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

64_老化_re

数多くの動物の軟骨をはじめ、骨や脳、皮膚や血管などあらゆる器官に存在している『コンドロイチン硫酸』。ヒアルロン酸などと力を合わせ、関節などの動きをスムーズにしているコンドロイチン硫酸ですが、実は関節だけでなくお肌の美を保つためにも優れた効果を発揮しています。ただ、加齢とともにその量は減少していくので、意識して補わないといけないのです。

加齢による骨の衰えをコンドロイチン硫酸が解決!

肘や膝などの関節部分には、軟骨と呼ばれる柔らかい骨があるのをご存じでしょうか。骨と骨の間にあって、クッションの役割を果たす軟骨は、骨をスムーズに動かすためにはなくてはならない存在です。しかし、年齢を重ねるごとに軟骨はすり減ってしまうので、手足を動かした時に、骨と骨とがこすれ、ひどい痛みを感じてしまいます。

その痛みを和らげるためにも、軟骨を構成する成分の一部である『コンドロイチン硫酸』を意識して摂取しなくてはいけません。また、軟骨だけでなく、強い骨をつくる手助けもするコンドロイチン硫酸は、加齢によって衰えがちな骨の健康も維持してくれるのです。

プルプル肌を目指せる保水力!

軟骨や骨などを強くするため、膝などの関節の痛みを緩和するイメージが強いコンドロイチン硫酸ですが、お肌の美を保つためにも優れた効果を発揮します。コンドロイチン硫酸に備わっているのは、たっぷりの水分を蓄える力、『保水力』です。摂取することにより、肌の水分をがっちりとキャッチして逃さず。誰もが憧れる美肌の基本、乾燥知らずのみずみずしい肌へと知らず知らずのうちに導いてくれるのです。

キーワードは『ネバネバ』&『トローリ』

若い人からお年寄りまで、嬉しい効果が期待できるコンドロイチン硫酸。意外と身近な食べ物に多く含まれていることをご存じでしょうか。代表的な食材は、いわゆる『ネバネバ食材』と呼ばれる納豆やオクラ、山芋、なめこなど。また、鶏の皮や鶏や豚などの軟骨やうなぎにも多く含まれています。

トロリとしたものに含まれていることが多いので、食べやすさも抜群。これらの食材意外にも気になるトロリ食材があったら、ぜひ調べてみてください。意外とコンドロイチン硫酸が含まれているかも知れませんよ。

コンドロイチン硫酸がたっぷり溶け出した手羽先スープがおすすめ!

動物の骨や皮に多く含まれるコンドロイチン硫酸。特に皮と骨が一緒についている鶏の手羽先には、コンドロイチン硫酸が豊富に含まれています。手羽先と一緒に野菜も煮込んでスープを作れば、一度に多くの栄養素が摂取できて一石二鳥。もちろん手羽先に含まれる栄養素は、ほとんどスープへと溶け出しますから、最後の一滴まで飲み干すことで効果も倍増。冷蔵庫に入れることで数日保存もできるので、慌ただしい朝でも栄養満点の食事をサッと提供することができますよ。

サプリと食材を組み合わせて上手に摂取!

コンドロイチン硫酸の1日の摂取量の目安は900㎎から1200㎎。しかし、コンドロイチン硫酸を含む食材は、高カロリーのものが多いのも難点ですよね。健康的にコンドロイチン硫酸を摂取するためには、食材とサプリメントを組み合わせることがベスト。ただ、それぞれのサプリメントで摂取量が決まっているので、必ず注意事項の確認をお忘れなく!

毎日の食卓に、意識して摂り入れて!

関節や、肌の健康が気になる人に嬉しい効果を発揮するコンドロイチン硫酸。意外と身近な食材に含まれていることに、驚かれた人も多いのではないでしょうか。上手に日々の生活にネバネバ食材やトロリ食材を摂り入れて、健康と美を長く保っていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加