皮膚の傷の治りが遅いときはプロテインと豆乳で治癒力アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

傷_re

埼玉県在住。夫と二人暮らしの44歳です。コンサルティング会社を経て、現在の事務局の仕事に移動になりました。勤務体系は正社員、週5日朝10時から18時までです。移動直後は何かとイベントが重なりストレスの多い大忙しの毎日でしたが現在は落ち着いてきている状況です。

40歳過ぎからだるさが抜けず毎日栄養ドリンクのお世話に

40歳を超えてから、毎日寝ているのにだるさが抜けず、すっきりしないので栄養ドリンクを飲むようになりました。それが毎日の習慣になってきたころ、これではいけない、何か別な方法を探さなければと思い始めました。きっかけになったのは同じ職場の同僚に「顔色が悪い」とか「目の下にくまが出てるよ」と言われ始めたことです。

他人から見ても具合が悪そうに見えるのは社会人としてのマナーにも反しますし、自分としても改善したいと思っていたので具体的な改善策をに向けて行動することにしました。

栄養不足が原因!サプリメントを採るように。

自分の身体に何が起きていて何をしたらいいのかを具体的に知るために知人の紹介で血液検査を受けました。検査の結果、自分では自覚がなかったのですが「貧血」「タンパク質不足」であることが判明しました。今まで自分は人より元気なほうだと思っていたのと、きちんと食事はしていたつもりなので、栄養不足と聞いて驚きました。

自分にとっての貧血のイメージがあって自分ではないという思い込みと、確かに皮膚の傷の治りが遅いという症状があったけれど、そこまで深刻とは思っていなかったという自覚のなさが積み重なったのだと思います。早速サプリメントやプロテインを処方して頂きました。

プロテインと豆乳で皮膚の傷が治り始めました

鉄分を取り始めてからの変化は朝の寝起きがすこぶる良くなったことです。今までなかなか起きれず、自分では意志が弱いせいだと思っていたのです。でも本当に健康であれば意志力など関係なく目覚めるものだということが分かりました。やっぱり貧血のせいだったのだと今では思います。また、ずっと10年くらい肘のある一か所だけがいつまでも傷がなおらず、もうこれはこういうものだとあきらめていたところ、プロテインを豆乳で飲み始めてからみるみる治癒し、驚いています。

タンパク質不足でずっとその傷が治らなかったのだと身をもって知りました。

健康と予防に勝る投資はないと思います

サプリメントははっきり言って高いので誰でもおすすめできるわけなではないですが、血液検査によって自分の状況をはっきり知ることによってどうしたらいいかが見えてくるとやっぱり実行したほうがいいと思います。具合が悪いとお仕事の生産性も下がるし、周りや家族にも心配をかけるので健康や予防の投資には勝るものはないと思って続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加