ダントツのマグネシウム含有量!ユニークな外見に似合わず『キワノ』の中身は結構まじめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

189_キワノ_re

ゴツゴツとしたトゲを持つフルーツ『キワノ』。とてもユニークな外見同様に、中身もユニーク。半分に切ってみると、メロンの仲間らしからぬ、ゼリー状の小粒の果実がぎっしりと並んでいます。他の果物と比べ、ミネラル分が豊富なキワノに含まれているのは、マグネシウム。さらに、ビタミンCやカリウムなど健康や美容の維持に役立つさまざまな栄養素が含まれています。

強い骨づくりには、カルシウム+『マグネシウム』を意識して

キワノに含まれている『マグネシウム』の量は、なんと果物の中でもトップクラス。摂取したカルシウムを歯や骨に定着させるマグネシウムですが、その約6割は、骨の中に存在しているそう。例えば不足すると、カルシウムが骨に上手く吸収されず、骨密度も下がってしまうのです。歯や骨の健康が気になる人は、カルシウムとともにマグネシウムを含んだ食材をより意識して摂取しましょう。

美に良し!健康に良し!ビタミンCのパワー

キワノには豊富なビタミンCも含まれています。ビタミンCと言えば、美肌づくりに欠かせない栄養素として知られていますよね。例えば、健康なお肌づくりに欠かせない保湿成分コラーゲンを生成しているのもビタミンC。

また、日焼けによるメラニン色素の発生を抑え、シミやそばかすの予防にも役立っているのもビタミンCなのです。さらに高い抗酸化作用のあるビタミンCは、体内の細胞の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病予防にも一役買っています。

カリウムは自然の降圧薬だった!?

人間にとって欠かせないミネラル成分『カリウム』もキワノに含まれている栄養素です。カリウムに期待できるのは、筋肉の動きをスムーズにすること。例えば、頻繁にけいれんや“こむらがえり”を起こす人は、カリウム不足を疑ってみては?また、摂り過ぎた塩分を排出させるカリウム。特に高血圧の人に対しては、自然の降圧薬とよばれるほど、改善が期待できる栄養素です。

食物繊維で痩せやすい体づくりを目指す!

キワノには豊富な食物繊維が含まれています。食べることにより、腸の運動が活発化。便秘解消はもちろん、デトックス効果が期待できるので、痩せやすい体づくりが期待できます。また、食物繊維により腸の中がキレイになると、栄養の吸収率もアップ。より健康な体づくりが期待できるのです。

ナイアシンで脂質、糖質の代謝を上げる!

ビタミンB群の一種であるナイアシンもキワノに含まれる栄養素です。ナイアシンとは、体の中で500もの補酵素の原料となり、役立っている成分。脂質や糖質の代謝を高め、エネルギーづくりに役立っています。また、血管拡張効果のあるナイアシンにより血行が促進され、冷え症の改善や新陳代謝を高める効果も期待されています。

キワノをデザートだけに使うのはもったいない!

キワノの酸味のあるプルンとした果肉は、デザートに最適。ヨーグルトやアイスクリームのトッピングとして使われることもよくあるようです。果肉そのものは、それほど甘味がないので、ハチミツや砂糖などをお好みでかけてもいいかも。また、フランスでは魚や肉にかけるソースの材料として使われるほど、料理との相性も抜群。ご家庭でも、サラダやあえ物などの具として利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加