自然の甘味料キシリトールの持つ力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

98_美肌_re

多くの果実や野菜に含まれる自然の甘味料キシリトールの持つ力

キシリトールは、多くの果実や野菜に多く含まれる自然の甘味料です。

よく、ガムなどで使用されているのをご存じかと思いますが、虫歯の予防効果があるために、砂糖の代わりとして利用されています。甘味料の中では、その他で虫歯などの予防効果があるものは今現在はありません。また、摂取量についても人体に影響がないために制限がないのも特長の一つです。

キシリトールで虫歯予防!

キシリトールは、甘味料にも関わらず虫歯予防の効果が認められています。

一つは、虫歯の原因となる「酸」を全く作りませんし、同時に唾液を出しやすくするなどの効果もあります。もう一つは虫歯の原因となるプラークをつきにくくします。また、最大の要因である原因菌の活動を弱める効果があるなどいいこと尽くしです。

虫歯予防とキシリトールの含有量

キシリトールさえ含まれていれば、虫歯にならないというわけではありません。

あくまで、予防策の一つです。その効果を最大限に生かすためには、商品の含有量が50%以上のものでなければ効果がありません。歯科で渡されるものは100%がメインですが、市販のガムやタブレットは30%〜50%が多いので、含有量をチェックして購入をしましょう。

おすすめのタブレット・ガム!

販売されているガムやタブレットの中でもお勧めが、歯科専売とされているキシリトールガムがお勧めです。

歯科専売のガムには、他の商品と比べ含有量が100%なのと他の糖類が0%のため、虫歯予防には最適のガムです。歯科専売のため歯科での購入となるので見かけたら試していることをお勧めします。

最大限の効果を発揮するには?

せっかく利用するのに、最大限の効果を発揮しなければ意味がありません。

キシリトールの効果を最大限に発揮するには、はがき後の口の中が清潔な状態で食べることをお勧めします。噛むことによって唾液が出ますので、その唾液を口の中全体に行き渡らせてください。効果を出すには、約3か月以上の継続も必要です。

キシリトールは無制限にとっても問題無し!

よく、世間ではサプリメントなどについては、一日の目安の摂取量が決まっていて、過剰に摂取すると体に影響などがある場合がありますが、キシリトールには、天然素材のため人体の影響はなく無制限です。

ただし、目安としては、一日5グラムから10グラム位を摂取して2年間継続をすると予防効果としては4年ぐらい継続すると言われています。

虫歯予防の補助にキシリトールを利用する。

キシリトールは、虫歯の原因となる物質の働きを弱めてくれる効果があるために、虫歯予防に効果を発揮します。そのかわり含有量が50%以下であったり、糖類が含まれていては意味がありません。

また、摂取していれば虫歯を防げるわけではないためにあくまでも、フッ素加工のように虫歯の予防として補助的な要素での考えを持ってもらうことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加