キノコにたっぷり!「β(ベータ)グルカン」で免疫力アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きのこ_re

秋~冬の味覚、キノコ。じつはこれにはたっぷり食物繊維が入っている上、免疫力を高める作用もあるんです。キノコパワーを知って、もっと美味しく食べませんか?

「β(ベータ)グルカン」とは

β-グルカンは、キノコやパン酵母・ビール酵母に豊富に含まれている成分で、食物繊維の一種です。霊芝やアガリクスなどが健康食品として販売されていますが、実はシイタケやマイタケ、シメジ、エリンギなどどんなキノコ類にもβ-グルカンは含まれています。昔からキノコ類に抗がん作用があると言われていて、その研究の過程で発見されたのがβ-グルカンです。又別の過程でパンの酵母からも見つかっています。現在は更に大麦などにも豊富に含まれていることがわかりました。

「β(ベータ)グルカン」の効能

β-グルカンの効能はまだ研究途中ですが、それでも免疫力を高めたりコレステロール値の上昇を防止するなどの効果がわかっています。

免疫力強化

免疫力を高め、ウイルスや細菌への抵抗力を高めます。体内で免疫機能を司る各種細胞を活性化したり、インターフェロンの産生を促進し、活性化させることによって、免疫力が高くなるのです。風邪やアレルギーの予防・改善に効果があるとされています。

がん抑制効果

免疫力を強化・活性化することで、がんの予防や治療に効果が出ることが動物実験で認められています。そのため、β-グルカンの免疫力強化作用ががん抑制に効果があると考えられています。ただ、免疫機能を司る各種細胞を活性化すると同時にがん細胞の増殖機能まで活性化される危険性が指摘されていて、現在のところ人間に対しては研究段階です。ですが、免疫力強化によってがん再発の予防効果は充分期待できます。免疫力が低下すると、がん転移や再発が起こりやすくなることが証明されています。

便秘解消

β-グルカンは不溶性食物繊維の一種です。不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、不要物質と共に体外に排出するため、腸内環境を整え、便秘に効果があります。

コレステロール値低下

食物繊維は消化に時間がかかるため、血糖値の上昇を緩やかにします。また、食物繊維なので未消化の状態で腸に届き、コレステロールを吸着して排出します。そのため、コレステロール値低下作用があります。コレステロール値が高くなると血管に異常が起き、血管を塞いでしまいます。すると動脈硬化や高血圧・脳卒中などの症状が起こります。

食品で手軽に摂るには

現在、β-グルカン含有を謳う健康食品は多くあります。ですが価格が高く、しかも含有量表示が疑わしいものも含まれています。健康のために摂るのであれば、キノコ類やイースト菌(酵母)で作ったパンが手軽です。大麦やオーツ麦にも豊富なので、オートミールやグラノーラなどのシリアル類もおすすめです。特に推奨摂取量というのは決められていません。消費者庁の2015年5月の資料によると、β-グルカン1日3g以上でコレステロール値の低下や腸内環境の改善、1日3g×3回で食後血糖値の上昇抑制が期待できるとされています。これらの症状緩和のためにサプリメントを購入する場合は、信頼できる会社の商品を選ぶようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加