プロのアスリート注目!?メチルスルフォニルメタンで筋肉痛対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹筋_re

プロのアスリート注目!?メチルスルフォニルメタン

メチルスルフォニルメタンは、まだあまり馴染みのない栄養成分ですが、実は自然界に素材する硫黄化合物の一種です。野菜や肉魚、乳製品にも微量に含まれていますが、一般的には意識して摂取するためにはサプリメントなどを利用します。

筋肉の疲弊や慢性痛にも効果があるため、アクティビティを楽しむ人や、スポーツ選手の活躍に一役買っているともいえます。

メチルスルフォニルメタンで筋肉痛対策

スポーツをする人につきものの筋肉痛や、炎症は、筋肉を構成する組織や繊維が損傷することにより、炎症が起こり痛みを発するからだと言われています。

メチルスルフォニルメタンに含まれる効果の一つに、ダメージを受けた筋肉を硫黄の供給によって正常に近づけ、炎症を緩和させる効果があります。蓄積すると体の故障などにつながりかねないため、ハードな運動をする人は摂取するのが好ましいです。

メチルスルフォニルメタンとアンチエイジング

人間の体で生成される栄養素は、年齢とともに徐々に減っていきます。それを補うのが、栄養素を意識した食品やサプリメントですが、メチルスルフォニルメタンには皮膚や髪、爪の健康を手助けする、コラーゲンの生成にも役立っています。

また、血流のアップも期待できるため、血行を良くしたり肌を若々しい状態に維持する成分としても注目できます。

メチルスルフォニルメタンの鎮痛作用

メチルスルフォニルメタンには、痛みを伝える神経繊維を遮断する効果があります。慢性痛などの原因となる炎症を緩和し、その結果、痛みの緩和にもつながります。

また、神経の伝達を遮断しているため、一時的に痛覚が感じにくくなるといったことが期待できます。ただし、あくまで筋肉の酷使や彼による体の疲弊の回復を促すものであり、怪我など直接的な傷が原因の痛みの緩和は期待できません。

効果には期待大だけど、メチルスルフォニルメタンは小さな分子

疲労回復や筋肉繊維の回復、健康の促進など、メチルスルフォニルメタンの持つ効果は大きいですが、分子そのものは低分子のため小さく、患部へスムーズに浸透するため、患部に塗りつける軟膏などはとても短時間で効率的に作用するとされています。

そのため、体が資本で日々の練習で疲労もたまりやすい、プロアスリートの間で人気となっています。

メチルスルフォニルメタンの摂取量は・・・

メチルスルフォニルメタンは、毎日食事などで摂取が望まれる栄養素ではありません。

そのため、炎症や筋肉疲労などを感じた時に摂取することが一般的ですが、1日に1500gから最大で7000gまでは摂取可能だと言われています。長期の服用にも問題点はありませんが、日常の食生活では気づかずとっているような栄養素であり、意識してはサプリメントや薬剤で摂取する場合が多いため、必ず用法容量をお守りください。

ナチュラルな成分のメチルスルフォニルメタン

様々な効果を持つメチルスルフォニルメタンですが、その安全性は過剰摂取など、極端な摂取を行わなければ水に近いほど安全です。また、人間が体に持つすべての元素の中程に位置するため親和性が高く、非常にナチュラルな栄養素だと言えます。

基本的には、誰もが毎日摂取を心がけるのではなく、血行の悪さや爪や髪の痛みなどにお悩みの人、体を酷使する人や加齢に伴い減少する成分を補いたい人に必要とされる栄養素です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加