野菜嫌いのお子さんでもパクパク! 青汁スイーツ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

83_青汁_re

野菜嫌いの子どもが大喜びの青汁スイーツ

最近野菜嫌いの子供が増えています。お母さんは毎日あの手この手を使って、お子さんの健康管理に一所懸命でしょう。小さく刻んでハンバーグに入れたり、手作りジュースにしたり。青汁は大変健康に良いものですが、多分そのままでは難しいですね。

そんな時には、子どもが大好きなスイーツに青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。そこで、簡単な手作り青汁スイーツをご紹介していきましょう。

手作り青汁スイーツレシピその1:ホットケーキ

子どものおやつの定番、ホットケーキ。ホットケーキに青汁を加えることで抹茶風味の美味しいホットケーキが完成します。市販のホットケーキミックスに牛乳と青汁の粉末を加えてしっかり混ぜ、いつも通りの作り方でOK。とっても簡単で美味しく青汁を摂取できますね。青汁の味には全然気づかないと思いますが、ケールが多く苦みが強いものは、少なめから始めて下さい。

手作り青汁スイーツレシピその2&3:クッキー&ケーキ

ホットケーキミックスでも良いですが、添加物を気にされる方には小麦粉があればクッキーやケーキもできます。砂糖代わりにハチミツやオリゴ糖を入れれば、より健康的。小麦粉と青汁、牛乳、油を混ぜてから、薄く伸ばして焼くだけ。油はバターやココナツオイルを使うと香りも良く、さらにおいしくなりますよ。ベーキングパウダーを加えれば、ケーキにもできます。

手作り青汁スイーツレシピその4&5:ヨーグルト&プリン

夏の定番おやつと言えばかき氷ですね。かき氷のシロップに青汁を混ぜてみましょう。抹茶味のかき氷シロップに青汁を加えると、コクが出てより一層美味しくなりますよ。小豆あんやアイスクリームを乗せれば、苦みも気になりません。また、子どもが大好きなプリンは市販のプリンより手作りプリンの方がコストがかかりませんし、色々な味で作ることができますので、青汁を加えた青汁プリンもオススメです。

手軽なプリンミックスでも良いし、牛乳・砂糖・卵があれば、電子レンジで簡単にできます。ジャムや生クリームをトッピングして。

手作り青汁スイーツレシピその6:ペースト

もっと簡単に…ということなら、練乳に混ぜてみて下さい。それだけでとてもおいしいペーストの出来上がり。パンに塗ったり、牛乳と混ぜてドリンクにしたり、色々使えます。はちみつやオリゴ糖で作れば、甘くて健康にも良いペーストに。

手作りの簡単青汁スイーツで健康に

青汁をそのまま飲むのが苦手な子どもでも、手作りスイーツなら喜んで食べてくれるのではないでしょうか。青汁の苦さが緩和され、美味しい抹茶風味のスイーツへと変化します。最初はほんの少し入れて、徐々に増やしていけば、違和感なく食べてくれるはずです。特に、抹茶風味のものに足すと見た目にも青汁とわかりにくくなりますから、おすすめです。

最近は子供にも飲みやすい、苦みを抑えた青汁も増えました。ですが、その分人工甘味料や色々な添加物が入っていることが多いです。子供は体が成熟していないので、添加物を排出する力が大人に比べて弱いといわれます。できるだけ添加物が少ない青汁を、普段使用しているものにプラスする、というのが一番良いのではないかと思います。

普段なかなか野菜を食べてくれないお子様には、ぜひ手作りスイーツで愛情と健康をプレゼントしてあげてくださいね。お子様が元気いっぱいの笑顔で青汁スイーツを食べてくれると、作ることがますます楽しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加