血糖値が高く糖尿病の恐れが…食べる順番を変えるだけで血糖値上昇を抑止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病_re

50代も半ばの主婦。息子と娘がいますが、現在娘は近くに独り暮らしのため、20代半ばの息子との二人暮らし。宮城県民です。仕事は事務仕事ですが、大変忙しく、毎日お昼ご飯は2時過ぎ、夜ご飯は9時近くになってしまいます。

健康診断の結果が怖い!血糖値が高い!糖尿病の恐れ

50歳を超えるころから健康診断の結果に自信が持てなくなりました。血液の値がとても気になります。父親が糖尿病の薬を飲んでいることもあり、血糖値の値が高めです。太っているわけではないので、体重を落とせばよいというものでもありません。血糖値についての保健師の方の指導によると、私のように痩せていて血糖値の高い人は、食べるタイミングや運動をすることに気をつけるようにしなければならないということでした。

何を食べてもいいが、食べる時間を夜遅い時間帯ではないようにというのです。しかし仕事からの帰宅が夜8時から9時という生活では早くに夕食をとることはできません。何を食べれば血糖値を上げることを抑えられるのか、悩みの種です。

GI値の低い食材を選んで食べる、GI値の高いものは少なめに

血糖値のことをいろいろ調べると、GI値というものに行き当たりました。GI値の高い食材は血糖値を急激に上げるというので、それらは極力少なめにとるように心がけています。ニンジンやジャガイモがそれで、それらはなるべく少なめにとるようにしています。

さらに、食べる順番にも気を配っています。まずはサラダなどの野菜類を食べ、それからタンパク質、最後に炭水化物類を取るようにしています。また、コーヒーや緑茶は血糖値を抑える働きがあるということなので、積極的に飲むようにしています。もちろん、コーヒーは砂糖なしです。

コーヒーやお茶を飲むと糖尿病になりにくい?

コーヒーやお茶をよく飲む人は糖尿病になりにくいという統計があるということを聞きます。どうやらコーヒーやお茶に含まれるカフェインが糖尿病になりにくくしているらしいのですが、この統計は一日7~8杯飲んでいる人とそうでない人を比較しているらしく、そんなにコーヒーを飲んだら胃を悪くしてしまいそうで、7,8杯など飲めないでいます。

それでも飲まないよりは飲んだ方が血糖値を抑えてくれるかもしれないと思って飲んでいますが、結局は糖尿病予防というよりも嗜好品としてのんでいると言った方が正しいような気がします。

食べる順番を変えることは簡単!

好きだからコーヒーやお茶を飲むことは無理なくできます。と同時に、食事の際の食べる順番を変えることも簡単です。昔は一品食いは行儀が悪いと言われ、子供にも注意してきましたが、まずはサラダなどの野菜類、次に肉や魚のたんぱく質、最後にご飯などの炭水化物を取るという順番を変えるだけで、血糖値の上昇が緩やかになるという結果があります。これは簡単に実行できます。

ただ、最後にお米となると、おかずで白いご飯を食べるということができないので、結局ふりかけをかけたりします。ひょっとすると塩分の取り過ぎになるかも、という点で気になりますが、実践した後の血糖値は少し下がったので、効果があったのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加