「ステアリン酸」で抗酸化と美肌の効果 チョコレートで摂取できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康な女性_re

「ステアリン酸」とは動植物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸です。石鹸や化粧水、美容液などに含まれており、美肌のためになくてはならない成分です。

「ステアリン酸」とは

ステアリン酸とは別名オクタデカン酸またはセチル酢酸といい、天然油脂として動植物性油脂の中で最も多く含まれている高級飽和脂肪酸です。石けんやろうそく、化粧品、医薬品、食品添加物、界面活性剤などに使われています。通常、ステアリン酸はサプリメントや医薬品のカプセルや錠剤を作ったり、粉末の吸水防止剤、コーティング剤、増粘剤、乳化剤などとして使用されています。

高級飽和脂肪酸とは、非常に酸化しづらい安定した性質を持つ飽和脂肪酸のことです。1個の炭素原子には4本の結合箇所があり、この4箇所が1箇所ずつ別の炭素と結びついている場合に「単結合」と言います。ある化合物の中の炭素がすべて単結合で結ばれているものを「飽和結合」と呼び、飽和脂肪酸はこれに当たります。結合がしっかりしており酸素が入り込むことが難しいため、酸化が起こりにくいという特徴があります。

飽和脂肪酸の中でも炭素が多いものを高級飽和脂肪酸と呼び、溶ける温度(融点)が飽和脂肪酸の中でも高くなります。石けんが溶けにくいのは、高級飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。

ステアリン酸の効能・効果

抗酸化作用

上記のように結合が硬く酸素が入り込むことが難しいため、高い抗酸化作用があります。人間は空気を吸って生きており、空気の約20%は酸素です。これらの一部はエネルギー生成に使用されず、体内で酸化してしまいます。これを活性酸素と言い、金属のさびと同様、酸化が起き始めてそのままにしておくと、連鎖反応でどんどん酸化が進んでしまいます。すると体の各機能がサビつき、正常な働きが出来なくなります。その結果、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病などを発症しやすくなります。

活性酸素は全身に回りますが、その中でも特に肝臓に溜まりやすいという性質があります。肝臓は胆汁の生成、造血、解毒、中和、ビタミンや血液の貯蔵など非常に多くの役割があり、この肝臓がサビつくと健康的な生活が営めなくなります。

美肌効果

ステアリン酸は脂肪酸なので高い保湿効果があります。体内で水分と脂分を乳化させるので、水分を補給した上でフタの役割を果たし、水分が逃げないようにしてくれます。ステアリン酸が不足すると、シワが増えると言われています。抗菌作用もあるので、外部からの細菌の攻撃からお肌を守ってくれます。

ステアリン酸を効果的に摂るには

ステアリン酸は動物性・植物性の脂肪に含まれているのですが、特に牛肉の脂身に多い成分です。脂身だけで食べることはなくても霜降り牛などで充分摂ることが出来ます。バターにも多く含まれていますので、野菜料理の際に少し足すなどの工夫でも簡単に摂取できます。

チョコレートにも豊富に入っているので、毎日数片食べるというのもおすすめです。チョコレートには集中力とリラックス効果もあるので、仕事の休憩タイムに一かけら食べるとリフレッシュ出来ますね。

ステアリン酸は飽和脂肪酸ですが、食べても悪玉コレステロール値が上がりません。特にチョコレートで食べた場合脂肪分解酵素があるため、体脂肪率も上がりにくいのです。免疫力を向上させお肌にも良いため、甘さ控えめなチョコレートを毎日少しずつ摂ることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加