ポリフェノールの効果がスゴイ!抗酸化作用や脂肪燃焼効果が健康な体を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

104_ワイン_re

ポリフェノールと言えば赤ワイン!その魅力的な効果とは

ポリフェノールという言葉は最近注目されていて、健康効果が高いということは多くの方がご存知でしょう。そして「ポリフェノール」というと有名なのが赤ワインです。

赤ワインはお酒として味を楽しむこともできますが、料理に使うこともできる魅力的な飲み物です。お肉を煮込んだ料理にすることもできますし、ビーフシチューなどの煮込み料理の隠し味としても多くの方に利用されているでしょう。お酒が好きな方には、お酒を飲みながら栄養成分が摂取できて健康効果まで得られるなんて、注目すべき成分ではないでしょうか。

また「お酒は苦手」という人も、料理に使うことでポリフェノールを摂取して健康効果を期待することができるのです。ポリフェノールのさまざまな効果をえたいという人は赤ワインを上手に食生活に取り入れるといいですね。

ポリフェノールは抗酸化作用が魅力的

ポリフェノールにはさまざまな健康効果もありますが、中でも注目したいのが抗酸化作用。人間の体の活性酸素は、体の老化に結びつくものです。活性酸素が増えると、皮膚だけでなく内臓や血管までをも老化させます。それを防ぐには抗酸化作用のある成分がいいのです。ポリフェノールでは抗酸化作用が働き、血管を丈夫にして血液の循環を良くしてくれます。

脂肪燃焼効果でダイエットの効果も?!

ダイエットをしてもなかなか痩せにくいという人は、代謝が悪く脂肪燃焼があまりよくない原因があります。そこで、ポリフェノールの脂肪燃焼効果に注目しましょう。継続的にポリフェノールを摂取すると、ダイエット効果もあるということが注目されてきています。体脂肪を体に溜めておくと、生活習慣病のリスクもともなうので、ダイエットを考えるならポリフェノールを摂取するように心がけるといいのではないでしょうか。

一日どのくらいポリフェノールを摂取するべき?

ポリフェノールというと赤ワインのイメージですが、コーヒーや緑茶、れんこん、春菊、さつまいもなどの野菜にも多く含まれています。赤ワインが苦手という人も、これらを摂取することでポリフェノールの健康効果も期待できます。さつまいもは甘味があって美味しいですし、味付け不要でそのまま蒸かして食べることもできる食べ物です。おやつ代わりに食べるのもいいでしょう。

さて、ポリフェノールの脂肪燃焼効果や抗酸化作用を期待するなら、コーヒーや赤ワインで摂取するなら2杯くらいずつが理想のようです。仕事の合間にコーヒーを飲む方も多いので、自然に摂取できますね。また緑茶にもポリフェノールが入っていますが、食事の度に飲むのもいいですよね。また、一日の終わりに赤ワインを飲みながら気持ちをリラックスさせるのもおすすめです。

コーヒーや赤ワインなら比較的飲みやすいですし、健康効果も得られるなんて一石二鳥ですよね。女性は特に美容のためにポリフェノールを意識するのもいいかもしれません。抗酸化作用によって、お肌のしわやシミの悩みも改善できます。アンチエイジングに興味がある人にも、覚えておいてほしいのがポリフェノールの効果です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加