ミネラル豊富な"黄杞茶(こうきちゃ)"とは?ノンカフェインで栄養補給を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茶_re

ノンカフェインで安心!黄杞茶(こうきちゃ)とは

黄杞茶(こうきちゃ)は、日本ではあまり有名ではありませんが、中国では、古くから健康維持に効果的なお茶として親しまれてきており、体に良いといわれているポリフェノールの1つであるフラボノイドのジヒドロフラボノール配糖体や、アスチルビンが数%含まれている、非常に健康にいいお茶です。また、お茶は基本的にカフェインを含んでいますが、黄杞茶(こうきちゃ)にはカフェインが含まれていません。そのため、子供や妊娠中の女性、お年寄りまで安心して摂ることができます。

カフェインは含まれていませんが、フラボノイドをはじめ、現代人に不足しているビタミン、ミネラルなどの栄養素がたっぷりと含まれているため、健康志向の方にピッタリのお茶といえるでしょう。

ダイエットにピッタリ!黄杞茶(こうきちゃ)の効果とは?

黄杞茶(こうきちゃ)は、体脂肪を分解するサイクリックAMPという成分の働きをよくす作用があるため、脂肪燃焼が促進し、ダイエットに効果的といわれています。ダイエット中に黄杞茶(こうきちゃ)を飲む場合は、運動前に飲むことで脂肪燃焼の効果が高まります。また、黄杞茶(こうきちゃ)には、運動中に失われるビタミンやミネラルも含んでいるため、運動前に飲むと栄養補給の効果も期待できます。

このように黄杞茶(こうきちゃ)は脂肪燃焼だけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素も含む、非常に優れたお茶です。ダイエット中は運動だけでなく、食事制限から栄養不足になりがちなもの。黄杞茶(こうきちゃ)を飲んで、健康的に痩せましょう。

無理なく続けられる!黄杞茶(こうきちゃ)の摂取方法をご紹介

1お茶

黄杞茶(こうきちゃ)はその名の通りお茶なので、お湯で煮だしてお茶として飲むのが一般的です。味にクセがなく飲みやすいのが特徴です。また、黄杞茶(こうきちゃ)は様々な形で販売されています。茶葉が入ったパックや、ペットボトルでも売られています。気になる方は、中国茶屋やインターネットなどで探してみるといいでしょう。

黄杞茶(こうきちゃ)は食事中もしくは、食後食前に飲むのがおすすめです。黄杞茶(こうきちゃ)には現代人に不足しがちなビタミン、ミネラルが含まれており、食事と一緒に摂ることで、食事に含まれる栄養素と黄杞茶(こうきちゃ)に含まれる栄養素が一緒に摂れるので、より効率的に栄養を摂取できます。

粉末を料理に入れる

黄杞茶(こうきちゃ)はお茶だけでなく、葉を乾燥させて粉末にしたタイプもあります。お茶が苦手な方や、お茶を飲む習慣がない方におすすめです。この粉末タイプは、お湯で溶かすことができ、料理に入れて利用するのが一般的です。普段の料理をする人にとっては、粉末タイプが一番手軽な方法といえるでしょう。黄杞茶(こうきちゃ)の甘みと香りが素材の味を引き立ててくれ、料理が一層美味しくなります。お肉料理に使ってみたり、カレー、煮物の隠し味として使うのがおすすめです。

甘味があるので、味付けで使う砂糖の量を減らせることから、カロリーが抑えられるメリットもあります。粉末タイプを料理に入れると、ほどよく料理と絡み合い、お茶として飲むのとは違った味わいを楽しむことができます。

コップ1杯でOK!黄杞茶(こうきちゃ)の1日の摂取量

黄杞茶(こうきちゃ)の1日の摂取量は、商品によって変わりますが、大体コップ1杯前後を飲むのが良いとされています。濃いタイプの商品であれば1日1杯が目安になっている場合もあります。摂取量が多くないので毎日気軽に飲むことができ、続けやすのも人気の理由です。また、味も良く甘みがあるため、お子様でも無理なく飲むことができるでしょう。飲むタイミングとしては、食事中や食後食前などが推奨されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加