豊富なコラーゲンでプルプルお肌を手に入れる!『鶏の皮』をもう捨てないで!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

199_皮_re

捨てられることも多い『鶏の皮』ですが、焼き鳥屋や居酒屋などでは、塩焼きにしたり、たれをつけて焼いたり、と人気の食材。お手頃なお値段で手に入るのも嬉しいですよね。しかも、プルプルした食感からも分かるように、鶏の皮にはコラーゲンがたっぷり。さらに、疲労回復や脳の活性化に有効な成分も含まれているのです。

コラーゲンでツヤ肌、ツヤ髪を手に入れる!

つややかな肌や髪は、女性ならずとも誰もが憧れるもの。しかし、年齢を重ねていくごとに、どうしても肌や髪のツヤは失われてしまいます。これは、体内に存在する保湿成分『コラーゲン』が、年齢とともに減少するためです。つまり、肌や髪をいつまでも健やかに保つためには、コラーゲンを積極的に摂取することは必須。鶏の皮に含まれているのは、このコラーゲンです。化粧品や美容液などにより、気になる部分にダイレクトにコラーゲンを与えるのもいいですが、少しでも早く取り戻したいなら、体の中へコラーゲン補給をするのが一番。特に鶏の皮には、豊富なコラーゲンが含まれているので、食べることにより効果が実感できるはずです。

『メチオニン』で脂肪肝とアレルギーを解消しよう

必須アミノ酸の一種である『メチオニン』も鶏の皮に含まれているひとつです。肝臓にたまった毒素や老廃物を排出させるはたらきのあるメチオニンは、例えば、アルコールや脂肪の摂取し過ぎによる“脂肪肝”を予防する効果も期待できます。また、アレルギーの原因になる“ヒスタミン”のはたらきを抑制することができるので、花粉症などのアレルギー症状の予防にも貢献しています。

疲れ知らずの体になれる!?『アンセリン』

長時間、泳ぎ続ける“マグロ”や“カツオ”などの回遊魚。このパワーの秘密はどこにあると思いますか?実は、これら回遊魚に共通して含まれているのが『アンセリン』という物質です。しかも、数千キロもの距離を飛び続ける渡り鳥の羽の付け根にも、アンセリンが含まれているそう。このようにアンセリンは、疲れ知らずの体づくりに貢献している成分。鶏の皮にも含まれているので、食べることにより疲労回復効果を得ることが出来そうです。

強い骨づくりには『ビタミンK』のサポートが必須

強い骨づくりのために、摂取したい成分“カルシウム”。しかし、カルシウムだけ摂取しても、強い骨づくりの効果が得られないことをご存じでしょうか。鶏の皮に含まれているのは、カルシウムを骨へ定着させるための成分『ビタミンK』。さらに、このビタミンKには、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ効果も期待できます。つまり、骨折や骨粗しょう症を予防するためには、カルシウムと共にビタミンKの摂取も大事。骨の健康が気になり始めた人、育ち盛りのお子さまがいる家庭では、積極的に摂取したい成分です。

ダイエット中なら知るべき『ビタミンB2』の存在

“発育のビタミン”と呼ばれる『ビタミンB2』 も、鶏の皮に含まれている栄養素のひとつです。その名のとおり、髪や肌、爪などの成長や再生に大きく関わっているのがビタミンB2。また、摂取した脂肪分を速やかにエネルギーに換えるのも、ビタミンB2のはたらきです。摂取することにより、脂肪は燃焼しやすくなり、新陳代謝が活発化。体脂肪が蓄積されにくい体に近づくので、ダイエットを考えている人なら、意識して摂取しましょう。

鶏の皮はおつまみ以外にも!

塩焼きやタレをつけて焼いても美味しい鶏の皮ですが、ゆでてポン酢で和えてもおつまみにピッタリ。素揚げにすればパリパリとした煎餅のようになり、苦手な人でも食べやすくなりますよ。また、そのうま味とコラーゲンの多さから、スープ料理にも最適。もちろん、コラーゲンはスープに溶け出しているので、必ず一滴残さずいただきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加