貧血を防ぎ美肌にも効果あり!女性に嬉しい食材かつおのパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刺身_re

日本人に馴染み深い魚!かつおの豊かな栄養素

鰹節の原料であるかつおは、古くから日本人に親しまれてきました。「初鰹」の初夏と、「戻り鰹」の秋の、2度の旬を迎えると言われており、そのお刺身を食べることで、季節を感じるという人も多いのではないでしょうか。旨み成分をたっぷりと含むだけでなく、貧血などを防ぐ栄養素も豊富に含まれている、とても素晴らしい食材です。

ビタミンB12:悪性貧血を防ぐ

かつおのビタミンB12含有量は、魚肉の中でもトップレベルと言われています。貧血には、ビタミンB12の不足によって起こる悪性貧血と、鉄分不足によって起こる鉄欠乏性貧血がありますが、鰹には豊富なビタミンB12と共に鉄分も含まれているため、貧血の予防に大変効果的です。貧血になりやすい女性には、大変嬉しい食材ですね。

ナイアシン:肌を健やかに保つ

別名がビタミンB3であるナイアシンには、コラーゲンの合成を促進し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。また、肌の代謝を高める効果があると言われており、欠乏すると肌荒れや口内炎の症状が現れます。美肌に繋がる、女性にとってはとても嬉しい成分なので、かつおなどの食品から積極的に摂取したいですね。

タウリン:生活習慣病を予防する

アミノ酸のひとつであるタウリンには、私たちの体の機能を正常に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。そのためタウリンには、血圧、コレステロール値、血糖値などを安定させる効果があり、生活習慣病の予防につながります。体内でもつくられる成分ですが、その量が限られているため、かつおなどの食品から摂取することが望ましいです。

EPA:血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ

戻り鰹には特に油がたっぷりと乗っていますが、この脂肪分の大半は、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸です。EPAには血中のコレステロールを抑えて、血液をサラサラにし、動脈硬化を防ぐ働きがあります。ダイエット中の方でも、脂の乗ったかつおを安心して食べることができますね。

DHA:脳を活性化する

DHAは脳の発育に不可欠な成分で、DHAを摂取することで記憶力をアップする効果があると言われています。脳が発達段階にある子供にとっても、物忘れなどが気になりだす中高年にとっても、積極的に摂取したい成分のひとつです。人の体内で合成することができないので、かつおなどの食品から摂取する必要があります。

かつおを使った主な料理

かつおを使った代表的な料理は、刺身、煮付け、粕漬け、から揚げなどがあります。刺身は、薬味醤油でいただく他、オリーブオイルと香辛料で和えたカルパッチョにしても大変美味しいです。また、表面を火で炙ってから冷やした、タタキにしても良く食べられています。加工品である鰹節は、旨み成分をたっぷりと含んでいて、出汁をとるには欠かせない存在です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加