手作り野菜フルーツジュースで不調を解消!頭痛や肩こり、肌荒れに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

75_野菜ジュース_re

京都府在住の兼業主婦で、夫と二人暮らしです。フルタイムで事務をしており、平日は朝6時頃自宅を出て、帰宅は夜10時過ぎになることが多いです。自転車が趣味で、週末は夫とよくサイクリングを楽しんでいます。平日は忙しく、運動する時間がほとんどとれません。

頭痛、肩こり、便秘が慢性化し薬も効かない

一日中パソコンを使って仕事をしているせいか、以前から肩こりや頭痛がありました。マッサージや整体に通ってもその時限りで、最近では夕方になると目の疲労も感じるようになりました。運動をしたくても時間がなく、会社では座りっぱなしなので、便秘が慢性化してしまいました。また、肩こりや頭痛が我慢できない時は市販の鎮痛薬を飲みますが、だんだん効き目が薄れてきたようです。

頭痛薬というのは、痛みの原因そのものを治す訳ではなく、プロスタグランジンという痛みを感じやすくさせる成分を抑える働きをするのだそうです。そのため、頭痛薬を使い続けているとプロスタグランジンに対する反応が過敏となり、痛みに敏感になってしまうのだそうです。そのため、「効かなくなった」と感じるようになるのです。週に3回以上頭痛薬を飲むようなら薬物乱用頭痛という怖い症状になっているそうです。

手作り野菜フルーツジュースを毎朝飲むように

便秘に効果があり健康的な手作り野菜ジュースを毎朝飲むようにしました。ずっと市販のジュースを飲んでいたのですが、市販のものは飲みやすくするため食物繊維をぐっと減らしているそうです。自分で作ると3~5倍の食物繊維が摂れ、酵素、ビタミンCなども壊さず摂れるので、自分でつくるようになりました。野菜とフルーツにお酢を少し加えてミキサーにかけます。ほうれん草や玉ねぎ、水菜やピーマン、セロリやニンジン、りんごやオレンジ、冷凍のいちごやブルーベリーなどを気分に合わせて入れています。

野菜やフルーツ、酢にはたくさんの効能・効果が

野菜やフルーツにはそれぞれ優れた効能・効果があります。

  • ほうれん草…便器解消、美肌、貧血予防、免疫力強化作用
  • セロリ…精神安定、血流改善、疲労回復、腸内環境改善作用
  • 玉ねぎ…血流改善や疲労回復、動脈硬化予防作用
  • ピーマン…美肌、動脈硬化予防、免疫力強化、疲労回復作用
  • りんご…生活習慣病予防、血圧降下、便秘や下痢解消、美肌、疲労回復作用
  • ブルーベリー…視機能
  • 眼精疲労改善、腸内環境改善、抗酸化作用
  • 酢…疲労回復、血流改善、美肌、骨粗しょう症予防作用

野菜中心の食生活で便秘、冷え、肩こりが解消

仕事帰りにこまめにスーパーに寄って、できるだけ新鮮な野菜やフルーツを買うようにしています。ジュースを作って余った野菜を料理に使うようになって、毎日大量の野菜を食べるようになったので、便秘や頭痛から解放されました。

頭痛と便秘には密接な関係があるそうです。便秘になると便から出た毒素が腸に吸収され、全身に回ってしまいます。すると血流が悪くなり、肩や背中、腰などに毒素が溜まりやすくなり、筋肉も緊張してしまいます。すると交感神経が優位になりさらに血流が悪くなり、脳に血液や酸素が行かなくなってしまうのです。

便秘が解消されて体重が減り、野菜やお酢の効果で血流が改善されたのか手足が冷えなくなりましたし、肩こりや肌荒れもずいぶん良くなりました。これからも生野菜と火を通した野菜両方を摂って、ビタミンやミネラルを補給していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加