カルシウム補給で骨密度強化とイライラ解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳カルシウム_re

カルシウム補給で骨密度強化とイライラ解消!

カルシウムは誰もが聞いたことのある栄養素の一つでしょう。人間の全体重の1.5から2.0%をしめており、その99%は、骨や歯として存在し、残り1%は、筋肉や血液、神経中に存在します。

骨や歯の構成要素として重要な役割を果たしているだけでなく、体の生理機能を安定させる働きも持っています。緊張の緩和などの作用があります。

カルシウムで骨、歯を丈夫に!

カルシウムは骨や歯を構成する要素の重要な一部です。不足すると、血液中の濃度を一定に保つために骨から取り出され、骨がスカスカの状態になってしまいます。

骨は他にリンやマグネシウム、亜鉛など様々なミネラルからなっており、これらをバランスよく摂取することで丈夫な骨を作っていくことができます。

カルシウムはイライラ解消に役立つ!?

人間の体に含まれるカルシウムのほとんどは骨や歯として存在しますが、筋肉や神経、血液中にも存在します。ここでも重要な働きをしています。

体の生理機能を安定させ、神経の興奮や緊張を和らげ、心を落ち着かせます。この作用にはマグネシウムも重要ですので、両方をバランスよく摂ることが重要です。

やっぱりカルシウムといえば牛乳!

カルシウムを多く含む食材と聞いて一番に思いつくものといえば、やはり牛乳ですよね。牛乳はとても身近な食品ですので、毎日欠かさずとっておくとよいでしょう。ただ飲むだけでなく、クリームシチューやグラタンなどもよいですね。

また、牛乳と同じ部類のチーズやヨーグルトも多く含んでいますので、料理に合わせていろいろな形で摂取することができるので、無理なく摂取できます。

海藻でも十分補給可能!

乳製品は少し苦手、という方もおられるかもしれません。しかし、心配は無用で海藻類も豊富にカルシウムを含んでいます。具体的には、ワカメ、ひじき、昆布などです。特にひじきは多く含んでいます。

味噌汁にワカメを入れるだけでも摂取できますし、いつもの食卓にひじきの煮物を一品プラスしても十分補給可能です。

成長期にカルシウムは必須!

カルシウムの一日当たりの摂取量の目安は、年齢によって異なります。15から17歳では、男性で1100mg、女性で850mgなのに対し、30から49歳では、男性で650mg、女性で600mgです。

成長期には、体の成長に際して骨の形成量も増えてくるので、より多く必要になります。この時期には特に意識して摂取する必要があります。

毎日摂取!カルシウムで体も心も健康維持!

丈夫な骨を作り、興奮や緊張を抑えてくれるカルシウム。豊富に含む食品は、乳製品や海藻類、緑黄色野菜など身近に多く存在するので毎日欠かさず摂取するようにしましょう。

また、きちんと機能するには、ほかのビタミンやミネラルとのバランスが重要ですので、様々な食品からバランスよく摂取することが大切です。育ち盛りのお子さんや、イライラしがちな人は特に意識して摂りたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加