美味しく食べて消化機能も集中力もUP?カルダモンの効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131_腸_re

美味しく食べて消化機能も集中力もUP?カルダモンの効果とは

カルダモン。カレーに使う、香りの良いスパイスだなとご存知の方も多いでしょう。実は消化を助ける生薬として、古代アラビアより使われており、現代では薬ではもちろん、インドでお馴染みのカレー、北欧ではパンやお菓子作りなどに、まさに世界中で幅広く愛用されています。

消化だけでなく、体や頭の血流が良くなり集中力が上がることも分かっています。イチロー選手が渡米後暫く、朝のカレーで弾みを付けたとも言われています。

消化機能改善に、あのクスリを飲むよりカルダモン!

消化不良の原因は、遅い時間に食事を摂ったこと、脂っぽく、消化に時間のかかる料理を食べたこと、この二つが代表的なもの。これを続けると、肥満や肌荒れの原因にもつながります。また代謝が良くないと、体内の毒素がくさい息の原因にも!

カルダモンは唾液や胃液の分泌を促して、消化機能を改善します。しょうが科の一種なので、料理の下ごしらえに使えば代謝も良くなり、脂肪燃焼のほか、美肌効果も期待できますよ!

ここ一番という時の集中力を上げろ!カルダモンは強い味方

仕事などに追われていると、目の周りや肩、首が凝ってきますね。これは頭部が疲れてきて、血流が鈍くなっている証拠。自分が思っている以上に集中力が切れているのです。

カルダモンには軽い興奮作用があり、体や頭の血流が良くなる効果があるのです。昔から生薬としても用いられているので、疲れている時こそ、料理や飲み物に積極的に取り入れて集中力を回復させましょう。

意外にも?カレー以外にもカルダモンが大活躍!

カルダモンを含んだ料理と言ったら、ご存知カレー!じゃあ毎日カレーばかりだったら?さすがに飽きてしまいますね。本格的に作るとしても、他のスパイスも全て揃えて、砕いてすり潰すなんてなかなか出来ません。

しかしパウダーになって売られているものだったら気軽に、しかも幅広く使えます。例えば、いつものカレーにパッとかける要領で、炒め物や肉料理にも。香りも食欲増進に一役買います。

あの飲み物にも合うの?さっそく試してみたくなる!

料理はしないけどお湯を沸かすくらいなら、と言う人でも大丈夫!パウダーの使い道は意外なところにもあるのです。

コーヒー自体にも集中力を高める作用があるのですが、ここにあのパウダーをひとつまみ。中東ではカルダモン・コーヒーなるものが。手軽なインスタントコーヒーなら職場でも、自分ひとりの空間でも。コーヒーブレイクしながら、だんだんと英気が養われて次に向かって頑張れそう!

1日あたりの摂取量の目安はないけれど・・・

料理に飲み物にと大活躍の予感のカルダモン。たくさん摂っても特に問題はありません。

しかし、しょうが科の一種なので、少量なら爽やかな風味ですが、大量に口に含むと苦味が先行します。仮にたくさん摂ってみたいと思っても、おそらく体が受け付けないでしょう。毎日適度に美味しく摂れればいいですね。

カルダモンで今日からあなたも美味しくヘルシーな毎日を!

疲れた頭を蘇らせて、消化も促進、お腹もお肌も見違えるように元気にしてくれるものが、薬局ではなくてスーパーで手に入るなんて嬉しいですね。出来れば薬ではなくて、口に入る食べ物から体の調子を整えたいものです。

さまざまな現代病を抱えている私たちにとって、カルダモンが毎日の生活の中で、塩や砂糖のような身近な存在になれればいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加