カロテンや食物繊維が豊富な高菜で健康を保とう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

158_高菜_re

食物繊維などの栄養素と高菜の風味で食欲いっぱい!

高菜はやはりご飯のおともとして親しみやすいものですね。たくさんの品種がありますが青葉のものと紫葉のものにわけられるそうで辛味も少なく食べやすい食材です。葉が柔らかく大きいのが特徴で塩漬けはとても有名ですが、葉っぱだけでなく種も香辛料に使用されることもあるそうです。それだけでなく油をとるために絞って使うことや調味料の材料として使われています。

食物繊維:腸の働きを整える、動脈硬化を抑制

高菜に含まれている食物繊維は腸内の働きを整えてくれる働きがあります。食べ物の残りかすを体の外に出してくれたり腸のいらない老廃物も体の外に出してくれます。それだけでなく腸内の善玉菌を増やす働きもあるのです。ですから便秘を治したいかたは特におすすめしたい食材です。動脈硬化を抑制してくれる働きもあるそうです。

ミネラル:体の細胞組織を作る、体の働きを整える

高菜はミネラルがとても豊富な食材ですがミネラルは筋肉や神経を保つために必要な成分です。体の細胞組織を作ってくれる成分でもありまた体の調子をよく整えてくれます。ミネラルにはホルモンも整える働きもあります。ですのでホルモンが乱れがちなかたはミネラルを多く食事でとることが良いでしょう。

シニグリン:食欲を増進する、血行促進

高菜は少し辛味があります。これにはシニグリンという成分が含まれているからで、大根にも同じ成分が含まれているものです。シニグリンによる辛味は控えめですがこの辛味こそが食欲を増してくれるのです。シニグリンが持つこの辛味は血行を良くする効果もあるそうですから寒い時にとると体もあたたまるでしょう。

カロテン:眼精疲労を改善、老化を防止する

カロテンは体内に入ると目や皮膚や粘膜を健康にしてくれますので目の疲労感を改善するのに役立ちます。目が疲れやすいかたは高菜を多く食べるようにすると目の疲れが解消されるでしょう。カロテンは老化を防止する役割もあるそうです。これは老化の原因となる活性酸素をカロテンが消してくれる働きのためです。

ビタミンK:骨の健康維持する、血管を健康にする

ビタミンKは骨の健康維持に必要な栄養素で骨に含まれるタンパク質を活性化してくれます。ですので骨の形成を促進してくれる働きがあります。高菜に含まれるビタミンKは血管や動脈を健康にするのにも役だっています。ビタミンKは血液を固めてくれる因子を活性化する働きもあり出血した際に止血を早めてくれる成分です。

高菜を使った主な料理

高菜は若い葉っぱだと生でも食べることが出来るそうです。炒め物にして食べるのがオーソドックスな食べ方です。塩漬けを使う炒め物だけでなく、生の葉っぱを使い炒め物を作ってみても美味しいですね。塩漬けは塩抜きをすると健康にもいいです。漬物としても種類が豊富ですからシンプルな味の料理で作ってみると楽しめますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加