高タンパク・低カロリーでダイエットに良いタラバガニの栄養素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

105_毛ガニ_re

ダイエット中の方におすすめ!タラバガニの栄養素

カニの王様として有名なタラバガニは、低カロリーで高タンパクな食べ物でダイエットに向いている食材です。また、炭水化物や脂質がとても少ないので、血糖値を抑えることができます。ビタミンやミネラルが豊富な上に、カニの中ではコレステロールがとても少ないのです。その他にもアスタキサンチンやタウリンなど、食べれば食べるほど美容や健康に良い成分が含まれています。

アスタキサンチン:抗酸化作用、コレステロール低下

タラバガニには、美容と健康に良いといわれるアスタキサンチンという成分が含まれています。強い抗酸化力を持ち体の中で発生した活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素はシワやシミの原因になるので、たくさん摂るとお肌にプラスになる嬉しい成分です。その他に悪玉コレステロールの増加を抑制する働きもあり、健康維持には頼もしい成分なのです。

タウリン:疲労回復、肝機能の回復

タラバガニの成分でタウリンは、肝機能を向上させる働きがあり、お酒をよく飲む方はたくさん摂取したい栄養素です。またコレステロール値を下げ、血圧を正常に保つ働きや動脈硬化など生活習慣病を予防する効果が期待されます。アミノ酸の一種で、疲労回復や眼精疲労、視力の向上などに効果があります。

セレン:抗酸化作用、動脈硬化予防

タラバガニにはセレンという成分が含まれており、強い抗酸化作用を発揮します。老化の原因となる活性酸素を取り除くので、美容はもちろん健康維持のために積極的に取り入れたい成分です。またセレンには、過酸化脂肪酸を分解する働きがあるので、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果が期待されます。

亜鉛:生殖機能の向上、血糖値を下げる

タラバガニに含まれる亜鉛は、男性では前立腺に、女性では卵巣に多く含まれている成分です。亜鉛は生殖器の機能を向上させたりホルモンのバランスをとる重要な役目を担っています。また、インシュリンを構成する成分の一つで、血糖値を正常に保つ働きがあり、糖尿病の予防に効果が期待される成分です。

ビタミンB12:脳梗塞の予防、傷ついた末梢神経の回復

タラバガニには、脳や神経のビタミンといわれるビタミンB12がたっぷりと含まれています。脳の血流を良くし、認知症や自律神経失調症など、脳神経の働きを改善する効果が期待される成分です。特に中高年以降の方は、積極的に取り入れたい成分でもあります。また、末梢神経の痛みやしびれなどを修復する効果も期待されています。

タラバガニを使った主な料理

タラバガニを使用した代表的な料理に、鍋や酢の物、グラタン、チャーハンなどがあります。そのまま食べる場合には、蒸したり塩で茹でたりしていただきます。ほうばるとほのかな甘みが口いっぱいに広がり、ぷりぷりとした食感がやみつきになりそうですね。見た目も味も豪華なので和・洋・中どんな料理にも合い、料理のグレードを上げてくれる優秀な食材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加