アミノ酸が豊富な毛ガニは、筋肉増強や抗ストレスに効く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

105_毛ガニ_re

働き盛りの男性が摂りたい、毛ガニの栄養素とは

「カニ」という言葉を聞くと、高級なお寿司やお刺身などをイメージする方もおられるかもしれません。実は、日本で毛ガニが食用として一般化するのは戦後のことで、昔は畑に撒く肥料として使われていたのだそうです。ですから和食の素材としての歴史は比較的に新しいようです。カニは味わいが良いですが、美味しさの理由は、うまみ成分のアミノ酸で、このアミノ酸の種類が、働く男性にとくにオススメなのです。

グルタミン酸:頭脳労働をサポート

グルタミン酸は“うまみ調味料”として食品に添加されることもあるようですが、毛ガニの美味しさを作っているのもこのアミノ酸です。精神を安定させ、脳の働きを助ける効果もあります。ですから仕事や勉強で頭をフル回転させたいときは、グルタミン酸が役立つかもしれません。また、憂うつな気持ちを和らげる効果も知られています。逆に、過剰摂取すると神経が高ぶって不眠になったりもするようなので、摂りすぎないよう要注意。

アスパラギン酸:疲労回復、スタミナ増強

アスパラギン酸は、しばしば栄養ドリンクにも入っている「スタミナ成分」です。このアミノ酸は細胞の活動に欠かせない重要なミネラルを、からだ中に運んでくれますから、運動時などのスタミナを向上させてくれるのです。また、筋肉にたまった乳酸(疲労物質)の分解を助け、疲れを和らげます。毛ガニが“スタミナ食”だなんて、少し意外に思われる方もいるかもしれませんね。

アルギニン:筋肉強化、精力向上

アルギニンは精力を向上させるほか、運動と組み合わせることで筋肉を増強してくれる効果があります。成長ホルモンの分泌も促しますから、仕事や趣味の場面でよく体を動かす方、とくに男性の方には大変役立つ成分です。摂りすぎるとお腹がゆるくなることがあるようですので、あまり毛ガニが美味しいからといって、極端に食べすぎないようにしましょう。

リジン:タンパク質合成促進、育毛効果

毛ガニに含まれるリジンは、体内でのタンパク質合成に必要で、カルシウムの吸収を助けるほか、とりわけ疲労回復に効果のあるアミノ酸です。また、リジンには育毛効果のあることがわかっており、髪の毛の悩みを抱える男性にとっては、見逃せない成分です。次に挙げるロイシンにも似た作用がありますが、この食材で両方摂ることができますのでオススメです。

ロイシン:抗ストレス、筋肉の瞬発力向上、育毛効果

ロイシンはストレスを感じにくくさせ、気分を高揚させる効果があるほか、肝機能を向上させ、運動に必要なエネルギーの生成を促します。また、筋肉の維持を手伝うとともに、筋肉の瞬発力をも高めてくれます。育毛にも効果があることで知られ、髪の量に関心がおありの方は、ぜひとも毛ガニを食べることで、体格は男らしくガッチリ、ついでに毛も生やしてしまいましょう。食材の見た目もそれを教えているようです。

毛ガニを使った主な料理

塩茹で、鍋料理、チャーハンや炊き込みご飯、かに玉などの中華あんに入れるなど。またサラダやパスタの具、グラタン、酢の物など、意外にレパートリーはあるものです。卵やクリームソースとの相性がよいようで、それらと合わせた料理は少なくありません。牛乳や卵などのタンパク質と一緒に食べることで、毛ガニの味だけでなく、栄養面での長所をも引き立てることができるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加