果物の柿に含まれるビタミンCは美肌作りや老化予防に影響アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

47_柿_re

柿に含まれる栄養素を知って美容健康効果を高める

柿は秋が旬の代表的食材であり、栄養が多く含まれた食材です。干したりシャーベットにしたりサラダに活用されたりと様々な料理に使われていますが、ビタミンCを始めとしてペクチンやタニニンといった体の代謝を高めて美肌作りに役立つ成分があり、葉の部分にまで有効な栄養素が含まれ、昔から医者いらずの果物として親しまれています。

ビタミンC:活性酸素抑制や美肌効果

果物の柿を1つ食べるだけで一日に必要なビタミンCを摂取出来ると言われます。ビタミンCには老化促進に繋がる活性酸素抑制効果があり、シワやシミ、弛みを防ぎ美肌効果に期待出来る食材であります。葉の部分は果実部以上にビタミンが含まれており、お茶や若葉の天ぷらに活用しても栄養成分を摂取出来るものです。獲り過ぎると尿として出ますから蓄積されませんが、負担もありますから適量摂取を心掛けると良いです。

ペクチン:ダイエット効果や便秘予防

柿に含まれるペクチンにはダイエット効果や便秘予防に期待が出来る成分です。食物繊維であり腸内を掃除する働きがあり便秘予防に繋がりますし、この果物に含まれた食物繊維は水溶性の性質です。コレステロール吸収抑制の働きがありますから、結果的にダイエットにも繋がりますし、ダイエット効果があると言っても食べ過ぎはカロリーが増えてしまいますから、適量摂取すると良いです。

タンニン:血流改善や代謝向上

柿に含まれるタンニンはポリフェノールの一種です。血液に含まれる有毒成分や悪玉菌を減らす働きがあり、血流改善を促す効果も期待出来ます。血流改善を行う事によって栄養素や老廃物の巡りが良くなりますから、新陳代謝向上効果もあり、化粧品等にもタンニンが活用される事も多く、毛穴を引き締める美容効果もあります。タンニンの過剰摂取は胃酸を弱くしたり鉄分の吸収を阻害する事もありますから、適量摂取を心掛ける事です。

βカロテン:肌荒れ改善や抗酸化作用

βカロテンはビタミンCと同様の効果があり、同時にこれらの成分を摂取する事で抗酸化作用に相乗効果が現れます。柿にはいずれの成分も含まれていますから高い抗酸化作用がありますし、肌荒れ対策にも効果があります。干して摂取すれば生で摂取する時の倍程度のβカロテンが含まれる事になり、効率的にこの成分を摂取出来ます。ただし、過剰摂取により色素が原因になり肌が黄色味かかる事もあります。

カリウム:塩分排泄やむくみ改善

柿に含まれるカリウムには塩分排泄の効果があり、むくみ改善にも期待出来ます。不足してしまうと筋肉の働きが低下して動きが悪くなりますし、筋肉がエネルギーを産み出す為にカリウムを活用します。夏場に大量発汗するとカリウムが失われて夏バテに至る事もあり、様々な食材に含まれていますが失われやすい成分でもあります。過剰摂取は吐き気を起こしたり筋力低下に繋がる等のリスクがありますから、適量摂取が望ましいです。

柿を使った主な料理

柿を利用した料理は沢山ありますが、活用方法としてはシャーベットにして食べたり、ジャムにして食べる事も出来ます、干したものを作ると長持ちしますし、サラダに利用したりお菓子作りの添え付けとして料理に利用出来ます。カレーに利用してもまろやかな味に変わりますし、ジュースとしても利用される等様々な場面で利用出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加