出産後の一番大変な時期でも健康でいるために。積極的に摂りたい食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7_疲れてる女性_re

長崎県に住む、新米ママです。まだ子供が0歳で、一日中てんてこまいしています。出産後の体調の変化についていけず、ストレスが溜まり気味です。

育児中の疲れやストレスで、便秘や肌荒れがひどい

子供はまだ0歳で夜頻繁に起きてしまい、何度も起こされて疲れが取れません。時間的にはそこそこ睡眠時間は取れていると思うのですが、細切れの睡眠時間では疲れがどんどん溜まってしまいます。家事とよく泣く子供の世話に必死で、本当は一番気をつけなければいけない食事が手抜きになり、簡単なものや品数が少なかったりしてしまっています。

育児の疲れやストレスの影響だと思うのですが、どうしても甘いものの誘惑に勝てず、しょっちゅう間食してしまいます。また、母乳で育てているのでとてもお腹がすき、食事の量がすごいです。自分のことは後回しになるので肌が荒れたり、クマやシミができていてもきちんとお手入れできません。産後の抜け毛もひどく、今悩んでいます。

これらはすべて、妊娠出産によって女性ホルモンのバランスが激しく変化しているせいだと聞いたことがあります。妊娠中は女性ホルモンの分泌がそれまでよりずっと多くなり、出産後一気に減ります。女性ホルモンには肌や髪を維持する働きがあるので、それが急に減ったことで肌荒れや抜け毛が一時的に増えてしまうのだそうです。

半年から1年もすればホルモンのバランスがまた安定するそうですが、授乳などで一番大変な時期にはまだバランスが不安定なままなので、精神的にもとてもストレスを感じるのだそうです。

体調の改善に、良いといわれるものは何でも食べて

疲労回復にと柑橘系の果物や酢、梅干しやトマトを積極的に摂っています。お酢は2?3日に1回、お惣菜の酢の物やサラダのドレッシングを作る時に使っています。

納豆が便秘解消に良いと聞いて、必ず毎日1パック食べています。また、水分補給のために1日3食汁物を摂っています。また、生野菜を1日2回は食べ、ビタミンなどを摂ります。そのほか、飲み物もこまめに飲むようにしました。麦茶、オレンジ100%ジュース、ミネラルウォーター、たんぽぽコーヒー、高麗人参茶など、カフェインなしの飲み物を飲むようにしています。

肌が乾燥しているので、鶏レバーや人参、ほうれん草など肌の潤いに良いとされるものも積極的に食べています。抜け毛にはミネラルが豊富なワカメを味噌汁に入れたり、もずくを購入しています。甘いものは量を制限し、ポテトチップなら半袋、チョコレートなら2粒までと自分でコントロールしています。

疲労回復や便秘解消は、食材の効能を知れば簡単

疲労回復にはクエン酸がいいそうです。疲労物質の乳酸を分解する作用があり、柑橘系の果物や酢、トマトなどに多く含まれています。便秘には、納豆のナットウキナーゼと食物繊維が腸内環境を整え、ビタミンB群が肌の状態を良くしてくれます。

便秘の原因のひとつが水分不足です。便の中の水分が不足するので固くなり、出にくくなるのです。一気に摂るとむくみの原因になるので、一度に100~200mlずつ、1日に1.5~2リットル摂るのが良いそうです。タンポポコーヒーは母乳の出を良くすることで知られていますが、血液を浄化したり胃の働きを活発にしてくれますし、利尿や排便を促す作用もあります。

高麗人参茶は疲労回復、ストレス解消に効果があることで知られていますし、主成分のサポニンは美肌づくりに必要な保湿作用があります。また、抜け毛については海藻類のミネラルが新陳代謝をよくしてくれますし、納豆などの大豆製品は、育毛に関わる女性ホルモンに似た作用をするイソフラボンが含まれています。

冷え性が改善され、便秘も少しずつ解消されてきた

バランスの良い食事を心がけているうちに、冷え性が改善されました。疲れも何となく良くなった感じです。また、昔からの便秘は快便とまではいきませんが、出るようにはなった感じがあります。肌荒れが治まり、吹き出物が出てくることもありません。クマやシミは寝不足もありますから、劇的な変化はありませんが。

抜け毛は産後なので仕方ありませんが、髪が生えてきているようです。たんぽぽコーヒーと高麗人参は、身体が温まり、血行がよくなっていると実感しています。食事については、お惣菜に頼ることもありますが、コストはそんなにかかっていないと思います。たんぽぽコーヒーや高麗人参は少々高価ですが、体の調子が上向きになって来ているのがわかるので、このまま継続するつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加