花粉症は腸内環境が悪いのが原因?腸を整えて免疫力アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30_花粉症女性_re

兵庫県に住む44歳の主婦です。4歳になる娘がいます。高齢出産だったので産後の回復が遅れかなりつらかったのですが、ようやく娘が幼稚園に入るまでになり、ほっと一息ついています。近い将来来るであろう私の更年期と、メタボが気になりだした主人のために、健康維持のための食事を考えています。

アレルギーは遺伝する?母が鼻炎で私は花粉症に

私が小学生の頃はまだ「花粉症」という言葉はありませんでした。でも、4年生の頃から既に花粉症だったのでしょう。鼻水が止まらず、ポケットティッシュでは足りないので、ガーゼのハンカチをよく鼻に当てていました。担任の教師から「何だ!鼻血か?」と大きな声で言われ、かなり恥ずかしい思いをしたものです。夜も鼻が詰まって息苦しいためしっかり眠れず、疲れが取れませんでした。

母も鼻炎持ちでしたので、遺伝性のものだから仕方がないのだとあきらめていました。実際、母親がアレルギーだと子供もアレルギーや花粉症になる確率が約3割と高いそうです。鼻呼吸ができないと体内に取り入れられる酸素が少なくなり脳に届く量も減るため、いつもボーッとしてしまうのだそうです。

花粉症を治すには体質改善が必要。色々な食材や医薬品を試しました

私が大人になった頃には「花粉症」という言葉は誰にでも認知されるようになっていました。同時に軽減する方法などもいろいろ発信されるようになったので、遺伝とあきらめるのは早い、と考え直しました。体質改善のために全薬工業の「カタセ錠」を飲むようになりました。食品やサプリなど、花粉症に良いと言われるものは何でも試しました。

ヨーグルトや甜茶、青魚、しそ、ネギなどなど。腸に良いもの、免疫力を上げてくれるとされるものです。そのほか、玄米や雑穀、納豆なども摂りました。最近は、めいらくの「生にんにくカプセル」も免疫力アップのために飲んでいます。

腸内環境を整え、アレルギーを抑える食材はたくさんあります

カタセ錠はカルシウム剤です。体質改善に良いと勧められました。酸性体質や虚弱体質の改善になるそうです。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が、納豆にも乳酸菌やムチンが入っており、それぞれアレルギーを抑える働きがあります。直接アレルギーに効くというより、腸内環境が良くなることで免疫力が高まり、それによってアレルギーを起こしにくくなるのだそうです。

しそに含まれるポリフェノールの一種やβ-カロテン、ネギ類に含まれるアリシンも免疫力を高め、花粉症に効くとテレビで言っていました。青魚のEPA・DHAも、アレルギー症状を促進する物質の働きを阻害します。

また、牛乳は子どもには良いが大人の腸には良くないということが本に書いてあったので、カフェオレの牛乳を減らしました。何でも、大人が飲むと消化器系等にトラブルが起きやすいという研究発表が、アメリカの栄養学研究家から出されているそうです。

雑穀と納豆、にんにくに高い効果がありました

花粉症はずい分和らぎました。ただ、体質改善のために同時に色々な食材を試しているので、どれが効いているのかはっきりわかりません。ただ、一度だけ、全く花粉症の症状が出ない年がありました。朝食をパンから雑穀ご飯と納豆に変えた年です。市販されているパンに使われている小麦粉のほとんどが輸入品で、防腐剤や殺虫剤などの化学物質が花粉症には良くないという説を聞きました。

雑穀は結構コストがかかりますが、白米に少し混ぜるだけですし、味が変わるわけではないので手軽に続けられます。また、にんにくカプセルも効果があるような気がします。にんにくのアリシンには血行を促進し、腸内環境を整え、細胞の老化を防止する働きがあるそうです。花粉症になりやすい体質として血行不良や腸内環境の乱れがあるので、しっかり摂取して花粉症を乗り切っていけるようになりたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加