女性の肌の救世主!植物エストロゲンのスゴすぎる効果とは?更年期対策にも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期_re

女性の強い味方!植物エストロゲンとは

エストロゲンはホルモンの一種で、女性ホルモンとも呼ばれています。女性の肌をなめらかにしたり生理や妊娠、女性らしい体をつくるのに関わりの深いホルモンです。しかしながら、年齢と共に分泌量は減少し、エストロゲンが不足すると更年期の不快な症状の引き金になるともいわれています。

エストロゲンに代わるものとしてよく知られているのが、植物エストロゲンです。植物エストロゲンとは植物に含まれる天然成分で、大豆製品などの食べ物に含まれています。摂取して体内に入ると、エストロゲンと同じ働きをし、不足分を補ってくれる効果があることから、女性には欠かせない栄養素といわれています。

ホルモンバランスを整えて内から健康に!植物エストロゲンの効果をご紹介!

エストロゲンの不足を補う!『美肌・保湿効果』

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、美肌や保湿効果など、女性の肌を美しくすることは知られています。肌に張りをもたらすサプリメントをたくさん摂っても、エストロゲンが少なければ肌の張りは失われる、ともいわれるほどです。しかしエストロゲンは、ちょっとした環境の不調で乱れることがわかっています。そんな時の強い味方が植物エストロゲンなのです。

体内でエストロゲンと同様の働きをしてくれるので、不足を補ってくれます。また、植物エストロゲンは、食べ物から摂取できるので副作用の心配がないのも人気の理由です。

薬に頼らず『更年期障害を緩和』

エストロゲンは更年期を過ぎると減少し、不眠や倦怠感などさまざまな症状が現れる更年期障害の引き金になるといわれています。そんな時に力を発揮してくれるのが植物エストロゲンです。薬ではないので、副作用の心配をすることなく安心して摂取できます。”できるだけ薬に頼らず穏やかに年齢を重ねていきたい”という女性は、積極的に摂るようにしましょう。

植物エストロゲンを多く含む食品とは?気軽に摂るなら”大豆製品”がおすすめ!

大豆製品

植物エストロゲンは、納豆、豆腐、みそ、大豆などの大豆製品に多く含まれています。どれもスーパーに1年中売っているものですし、安価なものなので、気軽に摂り入れることができます。コレステロールが気になる方や健康志向の方は、ひき肉の代わりに豆腐を使って”豆腐ハンバーグ”にすると、植物エストロゲンをたっぷり摂れるのでおすすめです。また、豆腐の入った味噌汁を一緒に食べれば、より効率よく摂取できるでしょう。

アルファルファ

植物エストロゲンが含まれる食材に、アルファルファという植物があります。アルファルファは植物エストロゲンの他にも様々な栄養素を含んでおり、腸の老廃物を排泄するデトックス効果や、コレステロール値の上昇を抑える効果が期待できます。アルファルファを気軽に摂るならサラダがおすすめです。いつものサラダに入れて栄養を効率よく摂っていきましょう。

現代人に不足ぎみ!?植物エストロゲンの1日の摂取量

植物エストロゲンの理想的な1日の摂取量は、40~50gといわれています。昔は大豆製品を頻繁に食べていたので、不足することはなかったのですが、最近は食の欧米化により、肉類が中心となり、大豆製品を食べない人が増えています。それに伴い、女性ホルモンのトラブルも増えています。

豆腐であれば、冷ややっこでそのまま食べれますし、味噌汁に入れてもいいでしょう。基本的に味にクセがないので、どの食材にも合うので手軽に摂り入れやすい食材といえます。また、ヘルシーなのでダイエット中の女性も安心して食べれます。

洋食中心の人には、大豆がおすすめです。大豆はサラダやスープにいれると栄養だけでなく、美味しさもアップするので是非試してみて下さい。このように、大豆製品というと和食のイメージがあると思いますが、調理方法によっては洋食にもフレンチにも中華にも使えます。工夫しながら摂取していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加