女性の生理前後の便秘・下痢は女性ホルモンが原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

81_腸_re

生理前になると便秘になる?

普段は便秘と無縁でも、生理前になると便秘になってしまうという女性は多いのではないでしょうか。めったに便秘にならないだけに、生理前の苦痛はかなりつらいものです。そんな生理と便秘の関係についてお話します。

生理前になると変化するもの

生理前約2週間が便秘の起こりやすい時期です。お腹が張ったり下腹部が痛くなり、便が出にくくなります。この原因は女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。プロゲステロンは排卵後に分泌が増え、女性のカラダを妊娠に適した状態へと導いていく働きがあります。このため受精卵の安定までには、流産の防止という意味で子宮収縮を抑制しようとします。

また、腸のぜん動運動を弱めたり、水分を体内に留めようとする作用もあるため、大腸の働きが低下してしまいます。すると便秘が引き起こされるようになるのです。これは女性の体の正常な働きであるため、プロゲステロンの分泌を止めることはできません。ですから、何らかの対処方法が必要になります。

生理中は便秘解消…でも下痢になる人も

あんなに便秘で苦しんだのに、生理が始まったら一気に出た…という人は多いのではないでしょうか。これは、生理が始まるとプロゲステロンの分泌量が一気に減少するからです。ですが、生理が始まってプロゲステロンの分泌が減少すると体温が下がり、血行が悪くなります。これによって便秘や下痢を起こす場合があります。

また、生理が始まると今度はプロスタグランジンという生理活性物質が女性の悩みの種になってしまいます。このホルモンには子宮収縮を促すことによって経血を排出する働きがあるのですが、この物質の分泌量が過多な状態だと、腸の異常収縮が起こり、下腹部の痛みを伴う下痢が生じる場合があるのです。

お腹のトラブルが気になるときには

生理中にはいつも下痢をしてしまうという方は、体の冷えに気を配るといいでしょう。肌着などを工夫して体が冷えないようにするだけでも、お腹のトラブルの対策をすることができます。また必要に応じて、下痢止め薬を利用するのもいいでしょう。ただ下痢止め薬に関しては、多量常用とならないように薬との付き合い方にも注意してください。

また、カイロも冷えには有効ですが、温まると出血も多くなることが多いです。貧血に注意し、鉄分の多いものを積極的に摂るようにして下さい。

普段からできる便秘への対策を知ろう

生理前の便秘には女性ホルモンが関係しているのは事実ですが、仕方のないことと言って何もしないよりは、普段から便秘予防につながる対策をしていくのがおすすめです。女性の場合、腹筋が弱い方が少なくないため、それが便秘の原因にもなっています。このため腹筋を鍛えられるようなエクササイズやヨガを取り入れてみるといいでしょう。

また、ツボの刺激も効果があります。三陰交(さんいんこう)という、内側のくるぶしから指4本分上の部分のツボは婦人科系の症状全般に効果があります。便秘や生理痛の時に押すと、かなり痛いのですぐわかります。ぜひ試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加