運動効果を高めるために筋肉増強効果や疲労回復効果を持つイソロイシンを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性2_re

運動効果を高めるために筋肉増強効果や疲労回復効果を持つイソロイシンを

イソロイシンは体の中で生成することができない必須アミノ酸です。そのために、肉や魚や乳製品といったたんぱく質を多く含む食物から摂取する必要があります。

体の成長に関わる栄養成分であり、筋肉増強効果や疲労回復効果があるため、適切に摂取することで強靭な肉体を作り上げることができます。さらに、神経の活動を活性化し、反射神経を高める効果もあるので運動選手にとっては特に重要な成分だと言えるでしょう。

より強く!より早く!イソロイシンで理想の肉体を手に入れよう

イソロイシンは、他の必須アミノ酸であるロイシンとバイシンと共に分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。これらは筋肉を構成するたんぱく質の主成分であり、筋肉を増強するためには欠かせないものです。さらに、意識を高揚させる神経物質の材料でもあるので、集中力を高めて反射神経を向上させる効果もあります。

より強くてより早い肉体を手に入れるため、スポーツ選手にとっては欠かせない栄養成分なのです。

疲れた時には必須!イソロイシンで体も頭もすっきり!!

イソロイシンを初めとする分岐鎖アミノ酸は、スタミナの源であるグリコーゲンの合成を促進する働きがあり、筋肉の疲労回復に大きく寄与しています。しかも、それだけではなく、脳疲労の原因となるセロトニンの生成を抑えて頭をすっきりさせる作用もあるのです。

よく、疲れた時は甘いものといいますが、分岐鎖アミノ酸にはより根源的に疲労回復を促す力が秘められています。

効果的に摂取するならプロテインやサプリメント!でも日頃の食事も大切に

イソロイシンは体内に吸収されると30分でその働きが最大値を記録するので、運動と連動して効果的に摂取するには、すばやく吸収されるプロテインやサプリメントが最適です。

しかし、本当に健康な肉体を作り上げるには運動時だけではなく、日頃の食事が大切です。ヒジキや納豆、玄米などを食することでビタミンやミネラルといった体の健康に欠かせない栄養素も同時に摂取することができます。

魚肉にはイソロイシンが豊富!脂肪を除いて効果的な摂取を心がけよう!!

イソロイシンを多く摂取しようとすれば肉や魚は欠かせません。特に、牛肉や鶏肉、鮭などには豊富に含まれています。

ただ、気をつけてほしいのはそれらの食品には脂肪も多く含まれているということです。スポーツ選手にとっては筋肉を増強する代わりに贅肉も増やすことになりかねません。それを避けるためには、脂肪分の多い所を切り取ってから料理するのが賢明でしょう。

一般人は普通の食事で問題なし!ただし、スポーツ選手は計画的な摂取を!!

イソロイシンの摂取すべき量の目安は1日で500mg程度です。色々な食材に含まれている栄養成分なので、極端な偏食をせずに普通の食事を取っていれば間違いなく摂取できる数値です。

問題は、スポーツ選手の場合ですが、激しい運動をした場合、分岐鎖アミノ酸は2時間で2000mgを消費します。したがって、プロテインやサプリメントを含めて、計画的に摂取することが大切です。

日頃から疲れやすい人には疲労効果抜群のイソロイシンを!!

日常生活を送るだけであれば特に気をつけなくても十分な量を摂取できるイソロイシンですが、スポーツ選手は計画的に口にしていいかなければなりません。過剰摂取すると他の分岐鎖アミノ酸とアンバランスを生んで体重が減少する場合もあるので注意が必要です。

また、スポーツ選手だけに注目が行きがちですが、疲労回復効果も抜群なので日頃から体や頭が疲れやすいという方も積極的に摂取してみるのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加