40歳を超えた女性の美しさと『イソフラボン』の深~い関係とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

77_更年期_re

“女性に優しい成分”として注目されている『イソフラボン』。大豆に豊富に含まれる成分で、女性ホルモン“エストロゲン”に似た作用を持ちます。摂取することで、PMSや更年期障害など女性ホルモンの乱れにより起こる様々なトラブルを回避でき、体調管理に大きな役割を果たしてくれます。

女性特有のイライラ、落ち込み、肌荒れは、イソフラボンで解決!

大豆に含まれる抗酸化物質のひとつであるイソフラボン。老化の原因となる体内の活性酸素を除去するのはもちろん、女性ホルモン代わりとしてのはたらきも担います。特に女性にとって厄介なのが女性ホルモンの乱れによるトラブル。特に排卵日近辺や生理前は、イライラしたり落ち込んだり、肌荒れになったり、と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんな時、女性ホルモンである“エストロゲン”に似た作用を持つイソフラボンを摂取してみてはいかがでしょう。飲むだけで、それまでのイライラや落ち込んだ気持ちを前向きに変え、笑顔を取り戻すことができますよ。

イソフラボンで更年期症状を緩和!?

女性にとって避けられないのが更年期の悩み。症状の出方に個人差があるとはいえ、ひどくなると“うつ”の状態になる人も少なくないそう。そんな時は、加齢ともに減ってしまった女性ホルモン(エストロゲン)を補うように働くイソフラボンの力を借りましょう。研究によると、イソフラボンを多く摂っている人は、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)などの症状が出にくいそうです。

また、イソフラボンには、体内のカルシウム流出を防ぐ働きもあるので骨粗しょう症の予防にも効果的。さらに、エストロゲンの代わりに肌のコラーゲンの再生を促すので、美肌を保つためにも有効な成分なのです。

豆腐や納豆を食べてイソフラボンを摂取!

イソフラボンは大豆に含まれている成分です。ありがたいことに、日本には豆腐や油揚げ、納豆、みそ…など、大豆を原料にした食品が山ほどありますよね。また、大豆は加工品でなく、そのまま食べても意外と美味しいもの。大豆の水煮さえ大量につくっておけば、冷凍にして保存が可能なので、ひじきやサラダなどの具の1つとしてすぐに利用することもができます。また、忙しい時などは豆乳を一杯飲むだけでも、手軽にイソフラボンを摂取することができますよ。

目安は1日納豆1パック

イソフラボンの1日の摂取目安量は、約40~50g。これは、豆腐およそ150g、納豆60g(約1パック)に含まれる量です。ただ、イソフラボンの大量摂取は、女性ホルモンのバランスに影響を与えるため、妊婦さんや授乳中の方は注意が必要です。食品として摂取する場合はそれほど問題ありませんが、サプリメントで摂取する場合は、必ず注意事項をよく読んでから服用しましょう。

イソフラボンの強い抗酸化力は、男女の味方!

女性らしい美しい肌と柔らかい体を作るためには、必要な女性ホルモン“エストロゲン”。しかし、加齢とともにこのホルモンの分泌は衰え、段々ハリの無い体や肌へと近づいて行きます。また、更年期特有のイライラや落ち込みなどの不快な症状が現れるのも、このエストロゲンの分泌が少なくなるためです。

そんな女性の辛い状況を救ってくれるのが、エストロゲンに代わり女性ホルモンの役割を担うイソフラボン。大豆に含まれるポリフェノールの一種ですから、活性酸素をやっつける抗酸化力もピカイチ。もちろん女性だけでなく、男性の健康管理にも役立ってくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加