イライラや落ち込みに!「セントジョーンズワート」は効果のある伝統的ハーブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イライラ女性_re

「セントジョーンズワート(St.John’swort)は西洋オトギリソウとも呼ばれる植物で、精神を安定させる作用が欧米で広く知られています。日本よりずっとハーブに対する研究が進んでいる欧米で、セントジョーンズワートはどのように使われているのでしょうか。

「セントジョーンズワート」とは

セントジョーンズワートは古くからヨーロッパに自生している、黄色い花を咲かせる多年草のハーブです。古代ギリシア時代に既に使用されていたという記録があり、ネイティブアメリカンも消毒、抗炎症剤や妊娠中絶薬として利用して来ました。地上部全体を乾燥させたものをハーブティーにするのが一般的です。

現在ドイツを始めとするヨーロッパでは、伝統的医薬品として軽度のうつ病の改善に使用されています。アメリカではまだ医学的な効果は認められていないものの、精神を安定させる効果は広く知られていて、多くのサプリメントが販売されています。

「セントジョーンズワート」の効能・効果

うつ症状の改善

うつ症状は脳細胞から放出されたセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン等の神経伝達物質が欠乏することから起こるとされています。セントジョーンズワートに含まれる「ヒペリシン」という特有成分にはセロトニンの濃度を上げる作用があります。また、「ヒペルフォリン」という成分が脳細胞から放出されたセロトニンを逃さずキャッチする作用を持っているため、神経伝達物質のバランスを整え、うつ症状の緩和になるとされています。

不眠の解消

不眠症の原因の一つはストレスだと言われます。このストレスは体内のメラトニンホルモンが不足すると起こりやすくなります。メラトニンホルモンはセロトニンを原料として作られる成分なので、セントジョーンズワートのセロトニン減少を抑える作用により、メラトニンが増えます。すると精神が安定し、ストレスから脱出しやすくなり、不眠の解消につながるのです。

月経前症候群(PMS)や更年期障害の緩和

月経前症候群(PMS)や更年期障害にはセロトニンの量が大きく関わっています。セロトニンの分泌が低下することでイライラや抑うつ感が起こるため、セントジョーンズワートを摂取してセロトニンの量が正常になると、症状が緩和します。

セントジョーンズワートを効果的に摂るには

これまでの研究で、軽度から中度のうつ症状には効果がある可能性が高いのですが、重度のうつには作用しないと考えられています。また、自然の成分なので有効成分にかなりのばらつきがあるとも言われます。サプリメントは色々なメーカーから出ていますから、一定期間摂取して効果がないようなら別の商品を試してみて下さい。

また、セントジョーンズワートのみでの副作用は低いとされていますが、妊娠中や授乳中は避けるようにして下さい。鎮痛薬、抗うつ薬、ピル、抗てんかん薬、ワーファリンを服用している場合、薬の効果が弱まったり副作用が出ることがありますので、医師に確認の上摂取するようにして下さい。

セントジョーンズワートの一日の摂取量の目安は900mgとされています。サプリメントの場合は、一粒当たり何百グラム含有されているのか表示を確認しましょう。また、一度に摂るより、300mgずつ三回に分けて服用するなど、何度かに分けて服用するほうが効率よく摂取することができます。またお茶として飲む場合、2~4gの葉をお茶にするか煎じて1日3回飲むと良いと言われています。少なくとも4週間は飲み続けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加