肌荒れ、便秘、運動不足…多様な悩みにはコーヒー、ヨーグルト、バナナを試してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イライラ女性_re

30代前半の独身女性です。カンボジアでルームシェア生活を始めて一年半になります。普段は言語学習とボランティアをしており、毎日バイクで走り回っています。最近は乾期のほこりが霧のように舞い上がる道も、雨期のプールさながらに冠水した道も平気で運転できるようになりました。

紫外線で肌荒れ、運動不足で便秘、甘い飲み物でカロリーオーバー

東南アジアの日光は強烈で、髪はガビガビ、肌はあっという間に日焼けでボロボロ。慣れない外国暮らしで知らず知らずストレスがたまるらしく、こちらにいる間は生理が止まる体質になってしまいました。しかもバイク生活は疲れる割に身体を動かさないので、運動不足になりがちです。血行不良のせいか寝起きが悪くなり、いつもなんとなく全身がだるくなります。運動不足が便秘を呼びます。さらにカンボジアの家は電気の光が弱い!言語学習のため机に向かう時間が多いので、目の疲れがなかなかとれません。

そしてとどめが食文化です。コンビニに並ぶ飲み物はどれも甘いものばかり。ローカルフードは添加物たっぷり。生活習慣病へまっしぐらです。

朝食にはコーヒーとヨーグルト、バナナ必須!

早い段階で「この国で外食に頼ったら身体を壊す」と悟った私。極力自炊しようと心に決めました。便秘対策のため、手始めに友人から分けていただいたヨーグルトの種を元にヨーグルトの培養を始めました。さらにバナナはストックを切らさないようこまめに購入。飲み物はコーヒー、しかもホット限定です。美肌効果を期待してザボンなどの柑橘系の果物も食べるのですが、含まれているビタミンCが紫外線を吸収するから朝は食べない方が良いと聞き、朝食からは除外しました。加えて、特に便秘がひどいときはビオフェルミンをしばらく服用するようにしています。

反対に市販のお菓子や揚げ物は極力控えるようにしました。でも、我慢ばかりだとストレスがたまるので、小腹がすいたときはバナナを口にすることで気持ちを落ち着かせています。カフェオレが飲みたいときも、牛乳ではなく豆乳にしています。

乳酸菌とカフェイン、食物繊維でデトックス?

便秘解消といえば、まず乳酸菌だと思いました。ヨーグルトとビオフェルミンでW効果を狙いました。ヨーグルトはどんなメーカーを使っても培養できますが、友人から分けてもらった菌は粘りが強くて効果が高そうだったので、それをずっと使い続けています。ヨーグルトは乳製品なので、カルシウムも摂取でき、ストレス対策にも良さそうです。

バナナに含まれる食物繊維も便秘予防になると思いました。また、ビタミンBも含まれており疲労回復に良いようです。コーヒーはカフェインの刺激で体がすっきりしてだるさが抜けますし、便秘解消効果があると聞いたことがあったので試してみました。

低コストなので継続も楽ちん♪

私が購入しているものはどれも安価で手に入りやすいものなので、継続性が抜群です。便秘対策で一番効果を実感したのは、意外なことにコーヒーでした。ホットコーヒーを飲むと、数分以内に下腹がごろごろと言い出してトイレへ行きたくなります。栄養というより、コーヒーの香りがすると腸が条件反射的に動き出すようです。でも、ヨーグルトやバナナも効いていると思います。快腸だと体内の毒素がどんどん排出されてる気がして、気持ちもスッキリです。

フルーツのビタミンはそれ以外にも効果を生んでいる感じです。糖度の高いものはコレステロールが気になるので控えていますが、果物を定期的に摂っているときは、目につけ身体につけ疲労が軽くなる気がします。ただ、豆乳を飲み続けても生理は回復しません…その他にも効能はあると思うので続けていますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加