暴飲暴食が止められない方へ!がっつり食べて血糖値を抑える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60_胃もたれ_re

熊本県で妻と10歳の長男、8歳の長女、6歳の次女の5人で暮らしている40歳サラリーマンです。仕事の関係で、非常に不規則な生活を送っています。週に2~3日は夜遅くまで飲み会や宿直があります。学生時代はバリバリの体育会系で体脂肪率1桁でしたが、今は当時より体重が20キロ程度増え、完全なメタボ体型です。

暴飲暴食がたたって胃がもたれるように

週に2~3回、接待や仲間打ちでの飲み会があります。これまでは好きなものをバンバン食べ、2次会や3次会でも焼き肉を食べたり、最後にはラーメンと餃子で締めるというのが当たり前でした。ところがここ数年、飲み会の翌日胃がもたれるようになってきました。次の日は夕方までほとんど食欲がありませんが、昼を過ぎると少しずつ胃腸の調子が回復してきます。

そしてまた夕方から飲みに行ってしまいます。そして、飲んだときはたくさん食べたくなり、暴飲暴食してしまいます。この繰り返しで、最近、気持ちよい空腹感を感じていない気がします。

野菜を大量に食べ、昼は蕎麦を食べるようにした

食べ過ぎだというのはさすがに分かったので、何とか食事量を制限しようとしました。飲んだ後はできるだけ食べないように気をつけたのですが、やはり接待ではそういう訳にもいきません。また、仲間にも気を使わせてしまいます。そこで、食べることは食べるのですが、野菜をこれまでの3倍摂るようにしたのです。元々薄味派なので、ドレッシングなどは使わずそのままのサラダをたらふく食べます。

その後で食べたいものを食べるようにしました。また、夜に備えてラーメンを昼は絶対食べないようにしました。主に食べるのはそばです。そばも大好きなので、毎日でも大丈夫です。

野菜は血糖値を上がりにくくし、そばは糖尿病予防に効果が

ほかのものを食べる前に野菜を多く摂っておくというのは、血糖値を急激に上げない効果があると知りました。空腹時に炭水化物を食べるとすぐにブドウ糖となり血糖値を上げます。するとインスリンが出て血糖値を下げようとします。その作用によって余る血糖が出ると、インスリンはそれを体脂肪に変えてしまうのです。

野菜を最初に食べると血糖値の上昇が抑えられるのでインスリンの分泌も少なくなりますし、食物繊維を多く摂ることになるので便通もよくなり、野菜の酵素が良いのか胃もたれや胸焼けも少なくなったようです。

また、そばにはルチンやコリン等という成分が含まれており、ルチンには血液をサラサラにして血圧を下げたり、糖尿病や生活習慣病を予防する作用があるようです。また、コリンには食事やアルコールなどの大量摂取によってかかる脂肪肝や肝硬変、動脈硬化を防ぎ、自律神経失調症になりにくくしたり、記憶力を向上させる効果もあるようです。不規則な生活で飲み会も多い自分には必要な栄養素です。

減量はまだだが、胃はすっきり

まだはっきりした減量効果は出ていません。しかし、以前に比べると胃もたれが軽くなりましたし、1週間のうちで3~4キロ上下していた体重があまり変化しなくなりましたから、太りにくくなったということではないでしょうか。野菜は外食でもコンビニ食でも簡単に摂取できますし、そばの店はどこにでもあります。食欲に合わせてがっつり天ぷらそばにしたり、ざるやもりで済ませることもできますから、とても重宝しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加