育毛だけでない!いろいろな効果が出てくる海藻と牡蠣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛_re

広島県に住んでいるアルバイターの男です。25歳にもなり、体力が落ちたり生活習慣病や目のくまが気になり始めていますが、最近の一番の悩みは抜け毛と薄毛です。仕事柄室内で特に動くような仕事内容でもなく健康的な生活リズムを作ることができません。そのため、どうしても運動不足になりがちなので食生活からの改善を図っています。

気が付くと部屋に抜け毛が大量に、髪の毛の悩み

20歳を過ぎたあたりから髪の毛が薄くなってきたと思っていたのですが、25歳になってから急激に抜け毛が気になり始めました。枕元に髪の毛が大量に落ちているというだけでなく、部屋を掃除するとびっくりするぐらいの髪の毛が落ちていたりとショックを受けることもしばしばです。

髪の毛を洗っていても以前までのハリやコシといった元気がないのもストレスが溜まります。他にも体力が落ちてしまっていて成人病などが気になりますが、しょせんは身体の内側のこと。

どうしても毎日鏡で見る自分の姿に寂しさがあるのは非常に陰鬱で悩んでしまいます。

髪に効く、そう聞いてからは昆布など海藻類と牡蠣を食べるように

髪が薄くなると何から手を付けて良いのかわからないのでとにかくイイと聞いたものは全て試すようにしました。特に、海に近いところに住んでいるので海藻類が安く仕入れることができるため、昆布やわかめを大量に食べるようにしています。

また、時期によっては牡蠣も効くということを聞いたので週に1度以上は牡蠣を食べるようになりました。それに、頭皮の体温が下がらないように牡蠣もなるべく生ガキよりも焼き牡蠣や鍋に入れて食べたりと工夫をして食べるようにしています。

最近では昆布でだしをとった牡蠣鍋を作るのがマイブームで毎週のように作って食べています。

昆布と牡蠣の良質な栄養が髪を元気にする

昆布やわかめといった海藻類は、良質なアミノ酸が含まれているので髪にも効果があると聞きました。それに血液サラサラ効果や成人病予防といいことづくめなので食べるようになりました。昆布やわかめは近場で作っているのを知っているので、保存料や着色料といった身体によくないものを使用していないため安心して食べています。

牡蠣に関しては、アミノ酸に亜鉛や鉄分といったミネラルバランスが良く育毛に必要な栄養素が簡単にそろえられるので食べるようになりました。ただ体にいいというだけでなくおいしいので、毎週食べても飽きないという身体のために食べる食品としては非常にありがたいです。

育毛だけでない、いろいろな効果が出てくる海藻と牡蠣

昆布やわかめの海藻類は通年で牡蠣は安く食べれれる時期に食べていますが、この食生活を続けてからは身体の他の部分にも良い影響が出ています。特に、もともと低血圧気味だったのですが、海藻を定期的に取るようになってから朝も元気に起きられるようになりました。毎朝快便になって朝から行動的になれました。

また、牡蠣を食べ始めてからは血色がよくなり始めて見た目にも元気そうになったと言われるようになりました。仕事が屋内仕事なので青白かった顔も今では健康的だと言われるまでに。

抜け毛や薄毛はまだまだ完全に回復したとまでは言えませんが、これを続けていけば改善できるようになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加