健康を考えるなら胃腸から!ダイコンがもたらす素晴らしい効能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいこん_re

身近な野菜のダイコンは健康効果がスゴイ!

スーパーの野菜コーナーでも「ダイコン」を見ない日はありませんよね。一年中、どの季節でもダイコンの存在は当たりまえで、そして日本人の食生活にも欠かせない大切な野菜と考えることができます。

このダイコンという野菜は人間の健康を語る上でも、素晴らしい効果がある栄養素をたくさん含んでいるのです。

その重要な効能を知ると「ダイコン」をもっと好きになっていくことでしょう。

食物繊維が豊富!胃腸の健康にはダイコンが大活躍

食物繊維には「水溶性」のものと「不溶性」のものがありますが、ダイコンにはこの両方が含まれています。水溶性の食物繊維は文字通り水に溶けて、水分と一緒になり、体の中にある有害な物質と一緒になり体外に排出される役割をしています。

一方、不溶性の方は水には溶けませんが、水分を吸収して膨らみます。これにより、便の量を膨らませてくれることになり便通をスムーズにする「ぜん動運動」が起こり、便秘が解消されるのです。便秘がちで悩んでいる方にも、ダイコンは大活躍をしてくれる野菜なのです。

また、ダイコンに含まれるジアスターゼという消化酵素も胃腸に優しく効能を発揮してくれます。胃酸を調節してくれたり、消化のサポートもしてくれるため、何となく不調の胃もたれも改善してくれるのです。

さらにこのジアスターゼという成分は、解毒作用が働き胃腸を優しく守ってくれます。よく、お魚料理の付け合せとしてお皿の上に乗っているのも、この働きを利用するためなのです。

血行を促進する効果のイソチオシアネート

ダイコンの辛みのもとになっているイソチオシアネートという成分ですが、殺菌作用が大きいことで知られています。そのため、大根おろしは料理の付け合せとしてよく利用されていますよね。また、古い時代には炎症を起こした部分に直接塗って治療をしてきた薬としての働きもあったのです。

同時に血液の循環を良くする効果もあるので、血行が悪いと体の不調を感じている方にもおすすめの野菜です。

ビタミンCが美肌効果をアップする

ダイコンにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCというと美肌を語る上では欠かせない美容成分ですよね。美しく若い肌を保つためには、ビタミンCを積極的に摂取したいところです。そして、ビタミンCには免疫を高めてくれる効果もあり、風邪などのウイルスをシャットアウトしてくれて体を守ってくれます。お肌だけでなく体の病気からも守ってくれる栄養素です。

実は、このビタミンCはダイコンの葉っぱの部分や皮の部分に多く含まれているんです。葉っぱは捨てずにしっかりと利用して健康効果を引き出しましょう。

カルシウム含有で骨と葉の健康にも

葉っぱに多く含まれるのはビタミンCだけではありません。カルシウムも、実はたくさん含まれているのです。カルシウムというと、人間にとって重要である「骨」を丈夫にする重要な栄養素。一日に摂取しておきたいカルシウムは、600mgと言われていますがダイコンの葉っぱには220mg(100gあたり)も含まれているんですよ。また切り干し大根には、その2倍以上のカルシウムが含まれていると言います。切り干し大根なら、気軽に調理ができますから毎日の献立にも加えておきたいところですね。

カルシウムは骨と歯の強化にも役立ちますが、精神を安定させる効果もあるのでストレスの多い日本人には積極的に摂っておきたい野菜と言えますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加