豊富な食物繊維で便秘解消に役立つ?いちじくの知られざるスッキリ効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いちじくは、豊富な栄養価と高い薬効から、不良長寿の果物として、古くから親しまれてきました。甘みが強く糖質も高いため、疲れたときのエネルギー補給に最適。また、食物繊維を豊富に含んでいて、便秘解消にも効果的です。さらに、消化を促進させる酵素を含んでおり、胃もたれや二日酔いにも効果があります。

いちじくの5つの栄養素と効果

ペクチン

ペクチンには「水溶性ペクチン」と「不溶性ペクチン」がありますが、いちじくには両方とも豊富に含まれています。

■便秘解消

「不溶性ペクチン」は腸内の有害物質を吸着して排出させる作用があるため、便秘解消に効果的。ダイエット中の人にもおすすめの成分です。また、腸内環境がよくなることから、大腸がんの予防にも役立ちます。

■血糖値を下げる

「水溶性ペクチン」は血糖値の急な上昇を防ぐ作用があるため、糖尿病を予防する効果があります。また、コレステロールの吸収を抑える働きもあり、動脈硬化や高血圧なども予防できることがわかっています。生活習慣病の全般に効果的なとても優れた栄養素といえるでしょう。

フィシン

フィシンとは、たんぱく質を分解する酵素のこと。この作用を利用して、イタリア料理では肉を柔らかくするために、いちじくが使われています。

■二日酔い予防

フィシンはタンパク質を分解する作用があります。そのため、食事やアルコールを飲んだ後の消化を促進され、二日酔いの予防や胃もたれの改善などの効果が期待できます。

カリウム

■高血圧の予防

高血圧の原因は、体内のナトリウムが多いことが挙げられます。カリウムは腎機能を高めて、ナトリウムの排出を促進する働きがあるため、高血圧を予防することができます。カリウムとナトリウムは体液を構成する主成分で、生命を維持するためには不可欠な栄養素。しかし、偏った食生活やアルコールの飲みすぎなどでカリウムが不足し、血中ナトリウムが増えて高血圧になる人が増えているのです。いちじくにはカリウムが豊富に含まれていますので、積極的に摂取しましょう。

■筋肉を正常に保つ

筋肉の健康に深く関係しており、筋肉を正常に保つ作用があります。カリウムが不足すると、筋肉の動きが低下し、筋肉けいれんを起こすことがあります。

アントシアニン

アントシアニンとはポリフェノールの一種で、いちじくの果肉やブルーベリー、ぶどうなどに含まれる青紫色の色素で、活性酸素の発生を抑制する抗酸化物質のことです。

■肝機能の改善

アントシアニンには肝臓の機能を回復させる作用があります。お酒をよく飲む方や疲れ気味の方は意識して摂るといいでしょう。

■眼精疲労の改善

目の機能を向上させる作用があり、疲れ目の予防・改善に有効な成分です。デスクワークなどで目を酷使する人におすすめの成分です。

鉄分

全身の機能を高める必須ミネラル。いちじくにはビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

■貧血の解消

全身に酸素を運ぶ働きがあるため、貧血の解消に効果があります。特に女性は月経で血液を失い、貧血になりやすい傾向があるため、意識して摂るようにしましょう。また、鉄は体内に吸収されにくい性質がありますが、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取することで吸収率が上がります。

いちじくの料理方法

いちじくは、定番のケーキやパンはもちろん、生ハムを巻いて前菜にしたり、サラダ、スムージー、肉料理、煮込み料理などに使うのもおすすめです。また、ジャムやコンポート、ドライフルーツにすると、さまざまな料理やお菓子作りに使うことができます。いちじくは長期保存ができないので、なるべく早めに食べるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加