イチゴやナッツを食べるだけで、美しくなれる!?『エラグ酸』の秘められた効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

42_いちご_re

女性なら誰もが大好きなイチゴやブルーベリーやラズベリー。この中に含まれているのが、天然のポリフェノール成分である『エラグ酸』です。質の高い抗酸化作用を持つエラグ酸は、老化予防や体の免疫力アップへの効果も絶大。さら肌への美白効果は、驚くべきもの、とも言われているのです。

高い抗酸化作用で、活性酸素をやっつける!

知らず知らずのうちに体内にはびこる“活性酸素”は、私達の細胞や血液中の脂質を酸化させ、老化を促進させる原因になっています。この体内の活性酸素を退治するためにも、高い抗酸化力を持つエラグ酸の力を利用しましょう。特にエラグ酸は、悪玉コレステロールの原因になる過酸化脂質の生成を抑える効果が高い、と言われています。

最近体の衰えが気になり始めた方、血液検査の結果がちょっと気になった方は積極的に摂取することで健康効果を実感できるのではないでしょうか。

漂白剤並みの肌への美白効果?

エラグ酸の効果でさらに目を引くのは、その美白効果です。というのも、日焼けによりシミやそばかすが増えるのは、チロシナーゼという酵素のはたらきが原因。このチロシナーゼの作用を抑えるのがエラグ酸なのです。一説には、エラグ酸の美白効果は、“肌の漂白剤”とも呼ばれているハイドロキノンと並ぶほどだとか。老化も防止し、肌の白さも手に入れられるエラグ酸。女性ならぜひ摂取し、その恩恵を十分受けたいですよね。

ブラックベリーに豊富に含まれている

天然のポリフェノール成分であるエラグ酸は、イチゴやブルーベリーなどのベリー類に豊富に含まれています。特に多いのは、ブラックベリー。生鮮品はほとんど見かけることはありませんが、冷凍食品コーナーには、果実を丸ごと凍らせたものが並んでいます。そのまま、口に放り込んでもいいですが、おすすめはスムージ。

たとえ青臭い野菜が入っていても、その甘酸っぱさのおかげで、飲みやすい一品に仕上がります。また、ブラックベリーはジャムなどにも、加工されているので、朝食やおやつの場面でも手軽に利用することができますよね。

ナッツ類で手軽に摂取

エラグ酸は、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類にも豊富に含まれています。これらなら、おつまみやおやつにそのまま食べることができますし、常温で保存もできますよね。また、栄養素を余すことなく摂取したいなら、薄皮をむかずに食べるといいようです。ちょっと、苦みと食べにくさが気になるかもしれませんが、そこは健康のためだと思って我慢することが必要ですよ。

1日100㎎の摂取を目指して!

エラグ酸の1日の摂取目安量は、約100㎎。いちごなどのベリー類が豊富に出回る時期は別として、これだけのエラグ酸を年中摂取し続けるのは、大変なことです。そこで利用したいのが、サプリメント。特に多く販売されているのが、豊富なエラグ酸を含むザクロのサプリメントです。近くの店で手に入らない場合は、通販を利用してもいいですね。場所や時間を選ばず、手軽に摂取できるので、忙しい方にもおすすめですよ。

体にも肌にも嬉しいエラグ酸の効果

女性が大好きなベリー類やナッツ類に豊富に含まれている天然のポリフェノール成分“エラグ酸”。質の高い抗酸化作用だけでなく、驚くべき美白効果も期待できる優れものですが、さらに糖尿病の予防や、抗ウィルス効果も期待できるそう。ベリー類の旬以外の時期は、サプリメントなどを積極的に利用して、体の健康を維持しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加