甘酸っぱいいちごは、美肌や疲労回復、整腸作用にも良いフルーツです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

42_いちご_re

高血圧やダイエット、美肌にも効果アリ。いちごの優れた栄養素について

いちごは赤くて形も愛らしく、特にデザートに使われることが多いフルーツです。彩りも良いので、ケーキやアイスクリームに少し添えるだけでも可愛らしいものです。ビタミンCが豊富なことで知られており、白く美しいお肌作りのために積極的に食べる人も多いでしょう。美容面だけでなく、血圧を下げたり風邪の予防になるなど、健康にも良いフルーツなのです。

アントシアニン:抗酸化作用、視覚機能の改善

いちごにはアントシアニンという成分が含まれています。これはポリフェノールの一種であり、視覚機能を改善したり目の病気の予防になる成分です。眼精疲労などの緩和にも良いでしょう。また抗酸化作用があるので、お肌や血管などの老化防止や免疫の向上にも役立ちます。花粉症の緩和にもなるとされています。

ペクチン:整腸効果、疲労回復、コレステロール値の抑制

いちごに含まれるペクチンは、食物繊維の一種であり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。便秘の解消にもなる成分です。またコレステロール値や血糖値を下げる作用もあるとされています。疲労回復効果もあるので、疲れが溜まっているときや風邪気味のときなどに積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンC:コラーゲンの生成、美白効果、免疫向上

いちごはビタミンCが豊富な食材として知られています。ビタミンCには免疫力を向上させる働きがあるので、風邪の予防にもなるでしょう。またビタミンCは、お肌や髪の毛の形成と保湿に作用するコラーゲンを生成します。メラニン色素の発生を抑制する働きにより、美白効果もあります。白くて綺麗なお肌のために、欠かせない成分なのです。

カリウム:ナトリウムの排泄、血圧の抑制、筋肉の動きの活性化

いちごにはカリウムが含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを外へとだしてくれる役割をします。塩分の過剰摂取は血圧上昇の原因にもなり、ナトリウムが排泄されることにより高血圧の防止にもなるのです。また筋肉の動きを活発にする作用もあり、スポーツをする人も積極的に摂取すると良いでしょう。

カルシウム:骨や歯の強化、精神安定

いちごにはカルシウムも含まれています。カルシウムは歯や骨を丈夫に育てる働きがあります。年を取ると共に骨がもろくなってしまいますが、カルシウムを摂取することで骨粗しょう症の緩和にもなるでしょう。またカルシウムは神経に作用して精神面の安定をはかります。イライラしがちな人は、カルシウム不足も原因のひとつだとされています。

いちごを使った主な料理

いちごはそのまま食べたり練乳ミルクをかけて甘味を足して食べることもあるでしょう。よく見られる料理としては、パフェやパンケーキに添えられたり、生地に入れてケーキにしたり、またゼリーやババロアにも使われます。そのほかに、甘く煮てジャムにしたり、ドライフルーツとして食べることもあるでしょう。ヨーグルトドリンクやシェイクも人気があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加