美容にも健康にも良い!ふぐで美味しくアンチエイジング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふぐ_re

美肌成分と優れた栄養素がたっぷりのふぐは女性の味方

ふぐは高タンパクで低カロリーなうえに、美肌成分をたっぷりと含んでいるため、ダイエット中の女性にはとても嬉しい食材です。さらに、体に良い栄養素も多く含まれていることから、美容だけでなく健康にも良いと言われています。ちょっと贅沢をして外食でフルコースをいただくのもよし。また、養殖物であればスーパーなどで比較的安く手に入るので、煮物や揚げ物など家庭料理としても楽しめます。

コラーゲン:美肌の成分

私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの部分から成っていますが、コラーゲンは真皮の主成分となるたんぱく質で、肌の弾力を保つ役割をしています。そのため、コラーゲンは美肌に効果があると言われており、中でも海洋性コラーゲンは吸収が良く、サプリメントの原料としても良く使われています。ふぐの皮には良質なコラーゲンが豊富に含まれています。

タウリン:コレステロール値、血圧、血糖値を安定させる

アミノ酸の一種であるタウリンには、血圧や体温など私たちの体の機能を正常に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。そのためタウリンは、コレステロール値、血圧、血糖値の不安定な方には重要な成分です。タウリンは体内でもつくられますが、その量は限られているため、ふぐなどタウリンを豊富に含む食品から積極的に摂取する必要があります。

セレン:活性酸素から細胞を守る

ミネラルの一種であるセレンは、体内で抗酸化酵素の構成成分となり、老化の原因と言われている細胞の酸化を抑える働き(抗酸化作用)をします。ただし過剰摂取により、下痢、脱毛、爪の変形などの副作用を起こす可能性があるため、サプリメントなどから摂取する場合には注意が必要な成分です。ふぐには、皮の黒い部分にセレンが含まれています。

ビタミンD:カルシウムの吸収を助ける

ビタミンDには、カルシウムが体内に吸収されるのを助ける働きがあり、その結果、骨や歯の強化に繋がります。骨粗鬆症になりやすい女性には特に、大切な栄養素の1つです。ふぐの身にはビタミンDが、骨にはカルシウムが含まれるので、骨ごとカラッと揚げたから揚げは、効率的にカルシウムを摂取できるお勧めの料理です。

ナイアシン:皮膚や粘膜の健康を維持する

ナイアシンには、体内でコラーゲンの合成を促進して、肌を健やかに保つ働きがあります。また、肌の代謝を高めて血行を促進する効果があると言われています。肌にとって重要なナイアシンの不足は、肌荒れや口内炎の原因につながります。ナイアシンとコラーゲンを同時に含むふぐは、女性にとってとても嬉しい食材ですね。

ふぐを使った主な料理

代表的な料理は、刺身、鍋、から揚げなどです。鍋料理を食べ終わった残りの汁で作る雑炊は、ふぐの旨みがたっぷりと含まれていて非常に美味で、河豚鍋の醍醐味とも言われています。その他、煮物や塩焼き、一夜干しでも食べられています。また、あぶったヒレに日本酒の熱燗を注いだヒレ酒は、酒好きにはたまらない一品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加