飽和脂肪酸の3つの効果!脂肪を食べながら痩せるってホント!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット_re

最近は健康志向が高まっており、脂肪は”健康を害するもの”として扱われている傾向があります。しかし、脂肪というのは、人間の体にとって重要な栄養素であり、本来は健康を害するものではない、ということを知っていましたか?その脂肪の種類の中でも、”健康的な脂肪”として取り扱われているのが、飽和脂肪酸です。この脂肪は、健康を害するどころか、体に非常に良い効果を発揮するものとして今注目されています。そこで今回は、飽和脂肪酸の効果や、摂取方法、1日の摂取量などをご紹介します。飽和脂肪酸は、毎日の食事で気軽に摂れるものなので、意識して摂るようにして、健康的な日々を送りましょう。

飽和脂肪酸の3つの効果

病気の改善

飽和脂肪酸は、年齢によって衰えてしまう体の機能を改善する効果があるため、全身の臓器の病気改善に役立ちます。

脂肪を燃焼

飽和脂肪酸は、細胞の栄養源となって代謝を促進する作用があり、体内に蓄積された脂肪を燃焼する効果が期待できます。

ダイエット効果

脂肪を燃焼するだけでなく、飽和脂肪酸は、通常の脂肪酸と違い、固まらずに流れる性質があります。その結果、全身の細胞の栄養源となり、体の代謝を促進するため、ダイエットに効果があります。

飽和脂肪酸の摂取方法

青魚

飽和脂肪酸を摂るには、青魚を食べるのが一番いい方法です。なぜなら、アジやサバなど”飽和脂肪酸を多く含む魚”を日常的に摂っている人たちは、”脳の病気にかかるリスクが低い”ということが、医学的に実証されているからです。摂取方法は簡単で、生の状態で刺身などで食べる、焼く、煮るなど、料理方法に制限はありません。特に、脂がのっている部分に不飽和脂肪癌が含まれているので、残さずそのまま食べると効果があります。

ゴマ油・オリーブオイル

植物の種にも飽和脂肪酸が含まれており、ゴマ油やオリーブオイルなどからも摂取することができます。ただし、これらの油は、熱すると酸化する性質があり、効果が薄れてしまうため、サラダにかけるなど”生”の状態で使うといいでしょう。
青魚が苦手な人や、毎日食べるのに抵抗がある人は、これらの脂で飽和脂肪酸を摂取しましょう。

サプリメント

「普段はあまり料理しない・・・」という人にはサプリメントがおすすめ。最近では、さまざまなサプリメントが売っているので、あなたに合ったサプリメントを探すのも一つの方法です。サプリメントであれば、職場や旅行先に持っていくこともできるので、”手軽で続けやすい”というメリットがあります。ただし、摂りすぎると逆効果になるため、パッケージなどに記載されている上限量を守ることを心がけましょう。

飽和脂肪酸の1日の摂取量

青魚では、大小に限らず1匹食べれば一日に必要な量を摂取することができます。昔の日本人の食事は”魚中心”であったため、飽和脂肪酸が不足することはありませんでしたが、現代は”肉中心”で、魚の摂取量が年々減ってきています。また、マグロなどの魚は、骨もなく食べやすいことから、食べている人もいるでしょう。しかし、サンマやアジなどの青魚は、”調理しにくい”とか”骨があって食べにくい”などから、ほとんど食べていない人も多いのではないでしょうか?いずれにせよ、健康を維持するには必要不可欠な栄養素なので、不足気味の人は、意識して摂るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?脂肪は、”悪者”にされがちですが、人が生活していく上で、必要不可欠である”3大栄養素”にも含まれおり、本来、体にとって良いものなのです。健康を増進させるだけでなく、脂肪を燃焼されやすくする作用もあるので、ダイエット中でも意識的に摂ることをおすすめします。
飽和脂肪酸の本来持っている力を使って、体内に溜まった脂肪を消費し、スリムで健康な体を維持しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加