ホップはさまざまな健康作用をもたらしてくれる!?以外な効果が盛りだくさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホップ_re

ホップはストレスのある現代人にも効果がある!

ホップと聞くと「ビール」を思い出す人も多いのではないでしょうか。ビール好きな人なら大好物とも言えますよね。そうです。あの苦みのもととなる成分がホップなのです。あの独特の苦みは苦手というひとも多いですが、あの苦みにこそ健康効果が、実は以外な健康成分が盛りだくさんなのです。そしてストレス社会に生きている現代人にこそ摂取をおススメすべき栄養成分なんです。

ホップというとビールが有名ですが、薬用ハーブとしても使われています。ビール好きの人は、ホップのほのかな香りはリラックスしますし、一日の疲れを癒しますよね。ホップを摂取することで、神経系に良く効くと言われています。現代人はストレスによって不安症状や不眠に悩まされることが多いですが、ホップの成分が穏やかに神経に作用して安眠をもたらします。

利尿作用や鎮静効果も魅力的

ホップには食欲を増す作用があります。確かにビールを飲むと、食欲がそそられますよね。また、鎮静効果もあるってご存知でしたか?含有される精油成分が、ゆるやかに鎮静作用をもたらしてくれます。この作用にとって、イライラを抑えるなど神経系をリラックスさせる効果があるのです。

利尿作用でデトックス

ビールを飲むとトイレに何度も行きたくなるという経験をした方も多いのではないでしょうか。実は、これはホップの利尿作用のためです。ホップに含まれるホルモンに似た成分は、利尿作用を促します。そのため、体の中で毒素を溜めておくことがなく、デトックス効果も感じられるほどです。

更に、この毒素の排出によって得られるのが、血液の循環力のアップです。毒素が流れでることによりキレイな血液が体の中を循環します。美肌にも一役かってくれるなんて、女性には嬉しい魅力ですよね。

ホップの摂取方法ってどんなものがある?

ホップと言えば、やはりビールですがそれ以外でも摂取ができます。ビールが苦手という人も、ホップを料理に使って効果的にホップを摂取するようにしましょう。ホップの若芽をお菓子に混ぜるのもいいですが、野菜炒めに混ぜるなんていうのも美味しいですよ。オリジナルにアレンジして、積極的に食べましょう。

また苦みのあるビールのような香りのハーブティーもおすすめです。体の中に摂り入れると頭痛を緩和してくれる作用もあります。ハーブティーは1日3食の食事前の摂取が効果的と言われています。

飲み過ぎは注意?

頭痛をやわらげてくれるなんて、頭痛持ちで薬を多用している人には興味がある栄養成分ですね。ただし、鎮痛効果を期待するあまり、1日に多用するのも考えものです。自分の体調を見ながら、適度に摂取してホップの健康効果を引き出していくといいでしょう。ビールが苦手な人は、料理やハーブティーで摂取してさまざまな元気を得られるようにしたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加