あっさりして肉厚のほっけは、美肌や高血圧、アンチエイジングにも効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

142_ほっけ_re

風邪や花粉症の予防や高血圧にもおすすめ。ほっけの素晴らしい栄養素とは

ほっけは肉厚の白身魚で食べやすく、塩焼き以外にも揚げても煮ても美味しく食べることができます。魚の中でも大きくて食べ甲斐があり、家庭での夕食のおかずとしては勿論、居酒屋などでも人気メニューではないでしょうか。その肉厚の魚には、カルシウムやDHAのほかにビタミンAやB群も豊富に含まれており、美容と健康にとても良い栄養価の高い魚なのです。

DHA:学習能力の向上、抗アレルギー、血圧上昇の抑制

ほっけにはDHAが含まれています。DHAとは、ドコサへキサエン酸のことで、脳を活性化する働きににょり記憶力や学習能力の向上をはかることができるとされています。痴ほう症の予防にもなる成分です。そのほかにもDHAには、血圧の上昇を抑えたり、花粉症などのアレルギー症状を緩和する働きもあるとされています。

カリウム:むくみ解消、ナトリウムの排泄、筋肉機能の活性化

ほっけに含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウムを外へ出す役割をしています。過剰な塩分摂取により血圧が上昇するので、カリウムによりナトリウムの量が調整され血圧上昇を抑制することができるでしょう。またカリウムは、むくみを解消したり、筋肉が健やかに動くためにも役立ちます。スポーツをする人にもおすすめの成分といえるでしょう。

カルシウム:歯や骨の強化、ストレスの緩和

ほっけには豊富なカルシウムが含まれています。カルシウムは歯や骨を丈夫にするために欠かせない成分です。年を取るにつれて骨の密度が低くなり、骨粗しょう症になってしまう人が増えてきますが、カルシウムをしっかり摂取することでそうした病気の予防にもつながるのです。またカルシウムは精神を安定させる作用もあるので、イライラしがちな人はカルシウムを摂取してみましょう。

ビタミンA:肌や粘膜の保護、目の網膜機能の活性化、抗酸化作用、美白

ほっけはビタミンAが豊富な食材です。ビタミンAは肌や粘膜に潤いを与えて保護する作用があります。また抗酸化作用によって血管やお肌の老化を防いでくれます。肌荒れの予防にもなり、美肌効果のある成分ともいえるでしょう。そのほかにビタミンAは目の網膜機能の活性化をはかる作用もあり、目の疲労回復や夜盲症の予防に良いとして知られています。

ビタミンD:カルシウムの吸収を助ける、精神の安定、免疫力の向上

ほっけにはビタミンDが含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収率を高める働きがあるので、カルシウムと一緒に摂取することにより骨の強化をはかることができるでしょう。骨粗しょう症の防止のためにも良い成分です。またビタミンDは精神を安定させてストレスを感じにくくさせたり、免疫力を高める作用もあるとされています。

ほっけを使った主な料理

ほっけを使った料理には、塩焼きや干物が代表的でしょう。新鮮なものは刺身やサッとお茶づけとして食べることもできます。そのほかにも、照り焼きやムニエル、南蛮漬け、竜田揚げなど、さまざまな料理があります。あっさりとした味わいは、どんな味付けにも合うといえるでしょう。皮を使ってふりかけを作ることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加