疲労回復を促進!エネルギーの効率性を高めるリシンで疲れにくい身体に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

117_疲労おばさん_re

エネルギーの効率性を高めるリシンで疲れにくい身体に!

リシンは身体で大切な役割を担っている必須アミノ酸の一つで、牛乳などの乳製品や鶏肉などに多く含まれている成分です。

この成分は炭水化物やたんぱく質のエネルギーへの変換を支えているので、エネルギーを安定的に身体に供給することが可能になり、疲労の素早い回復や筋繊維の修復などに貢献しています。またカルシウムの吸収にも関わっているので骨の健康も保っています。

疲労回復を促進するリシン

リシンは糖質や脂質などの主要な栄養成分をエネルギーに変換して、効率的に細胞へ吸収させる働きに大きく関わっています。

ですのでストレスや激しい運動などで、損傷した細胞や身体の組織などを適切に修復します。それなので疲労の早い回復や筋肉の疲れなどの、症状を緩和する効果が認められています。

集中力を向上させる効果のあるリシン

リシンは脳に必要な糖質のエネルギー変換に貢献しているので、思考力や集中力を高めてそれを持続させる効果が認められています。

それなので仕事や勉強などで疲労した脳の回復を促進して、頭の回転を早めることが出来ます。またそれと同時に精神を安定させる効果もあるので、過度の緊張を緩和してより集中力を高めます。

乳製品を毎日摂取して安定的にリシンを身体に採り入れる!

リシンを多く含んだ食材としては乳製品などが有名で、その中でも特に牛乳に多く含まれています。

基本的に牛乳はシンプルにそのまま飲料として摂取するのが効率的で簡単ですが、牛乳が苦手な方などには難しいので、料理などに工夫して使う必要があります。牛乳を使った料理としてはケーキなどの西洋菓子や、グラタンやクリームシチューなどのメニューが人気があります。

鶏肉の調理法をさまざまに変えてリシンを安定的に摂取!

リシンを多く含んでいることで知られている鶏肉を使った料理としては、唐揚げや親子丼などのメニューが人気です。

それ以外にも煮込み料理やグリルにした料理が知られていますが、栄養素的にはバンバンジーにすると、ビタミンやミネラルを同時に摂取することが出来るので、この成分を効率的に摂取することが出来ます。

リシンの推奨されている摂取量は750mgから1000mg

リシンの摂取量として推奨されているのは、一日およそ750mgから1000mgとされています。

この量なら牛乳を継続的に飲んでいる方や、鶏肉などを頻繁に食べている方なら安定的に摂取出来ている量ですが、それらの習慣のない方などは不足している可能性もあるので、この成分を多く含んだ食品の摂取を心掛けましょう。

傷ついた細胞を修復して疲労を緩和するリシン!

リシンは必須アミノ酸で乳製品や鶏肉などに多く含まれている成分です。

この成分の効能としては炭水化物などの栄養素をエネルギー変えて、バランスの崩れた細胞を修復するので疲労回復などが期待出来ます。また肝臓の健康な状態を保ち機能を高める働きをしているので、アルコール類の摂取で負荷のかかった肝臓の機能を助けます。ですのでそれらに興味のある方は意識的に摂取しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加