昼ご飯後の異様な眠気…実は貧血かも?鉄分摂取で効果を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

79_きつい女性_re

東京都で3人の子育て中の40歳の専業主婦です。仕事はしていませんが、地域の集まりや頼まれごとで出歩くことが多く、1週間日中は常に用事がある状態が続いています。土日も子供の部活のお弁当作りやお手伝いなどでいつも用事がある状態です。

いつも疲れていて、昼ごはんのあと異様に眠くなるように

疲れが抜けにくくなったと感じるようになったのは35歳を過ぎてからです。何とかやれてこれたことが、できなくなったと感じることが増えました。いつもだるく、がんばれていたことががんばれなくなりました。立ちくらみを感じるようになり、顔色も悪くなってくすみが目立つようになりました。

特に困ったのは、昼ご飯を食べたあと、無性に眠くなることです。耐え切れずに横になって寝てしまうと、なかなか起きられず、常にだるさと眠さといらいらと戦うことになりました。

日によっては、昼ご飯のあと運転しなければならないこともあります。睡魔に負けないように、注意散漫にならないようにとても気を使うので、終わった後の疲れも倍増でした。

貧血じゃない?と言われて鉄分サプリを飲んでみた

そんな時、友人に「貧血じゃない?」と言われました。慢性的に貧血になると、特にご飯を食べた後、身動きが取れなくなるほど眠くなるそうです。いつもだるいし、いらいらするし、という友人の話が自分の体験と合致しました。

友人はもっとひどい症状で通院したらしいのですが、私は食事とサプリで様子を見ようと思い、コンビニで売っているDHCの鉄分サプリを毎日取ることにし、鉄分が多く入っているといわれる食材を選んで積極的に料理に入れることにしました。

鉄分を吸収しにくくしている食材があると知りました

鉄分は食事でとればいい、と思っていたのですが、無駄なことはしたくない、と思って調べてみると思いがけないことがわかりました。

鉄分は、体に吸収しやすくする食材と吸収しにくくしてしまう食材があるということです。吸収しにくくする食材とは、コーヒーや紅茶に含まれているタンニン。乳製品と卵もです。乳製品と卵は大好物でしたし、朝食はいつも紅茶と一緒に取っていました。逆に、吸収しやすくする食材はビタミンCと動物性たんぱく質、貝類。グレープフルーツなどを積極的に採るようにし、プルーンなども食べるようにしました。

2週間で顔色の悪さとくまが改善されてきた

普段の食事に少し気を遣えばいいので、コスト的にはあまりかかりません。鉄分サプリも安価なので、気軽につづけることができます。好きな紅茶や卵、乳製品は無理にやめることはないので、サプリを飲むと決めている昼には取らないようにしました。

それだけで、昼ご飯のあとの眠気が驚くほど改善されました。横にならずにはいられなかったのに、起きて働くことができています。

効果は2週間ほどで実感しました。「あれ?ねむくない!」という実感に喜んでいたのですが、周りの友人たちは顔色の改善とくまが最近ないことに気づいてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加