生理時は必ず貧血になる方へ!食生活の抜本的改善で貧血の症状が軽くなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

86_貧血女性_re

44歳の専業主婦です。24歳の時、恋愛結婚した夫と狭いマンションで暮らしています。夫は私立高校の教員をしています。東京の大学に通う一人息子がいます。趣味は、狭いベランダで気持ちばかりのガーデニングをすること、将棋を観戦すること(羽生名人の大ファンです)、お菓子を作ることです。3歳になる柴犬を飼っています。

生理期間中に貧血気味になってしまうこと

初潮以来、生理期間中には必ずと言っていいほど貧血状態になってしまいます。それでも、10代の頃は日常生活に影響が出るほどの症状ではなかったのですが、長男を出産後は年々歳々症状が酷くなっていくばかりです。ここ数年は、生理が始まると極端に顔色が悪くなり、体中がだるくなり、目の周りのくまが酷い状態になってしまいます。当然、寝起きも悪くなるので、仕事に行く夫のお弁当さえ作ってあげられなくなってしまいます。

肌荒れも酷くなり、化粧のノリも悪くなるので外出するのも億劫になってしまいます。

毎朝、納豆、昆布やあさり入りの味噌汁を食べ、豆乳を飲むようにしている

私にとって宿敵である貧血の症状を改善するために、毎朝、昆布かあさりの入った味噌汁を作ってたべるようにしています。また、あまり好きとは言えない納豆も効果があると聞いたので、毎朝食べるように心掛けています。その上、珈琲に豆乳を入れて飲むようにもしています。その他、椎茸、春菊、ミツバ、ニラ、卵など、貧血に効果がある食材を使った料理をできるだけ食べるようにしています。

特に、豚もも肉の薄切りを使ったカレーライスは好物でもあり、貧血予防の特別料理になっています。また、貧血が酷い時には塩味のスープに春菊を浸して、その煮汁を飲むようにしています。あと、地元のジャガイモも積極的に摂るようにしています。

昆布や納豆には鉄分が多く含まれ、貧血に効果があると知りました

昆布には鉄分が多く含まれていて、鉄欠乏性貧血には効果があることをテレビ番組でし知りました。あと、納豆には鉄分、ミネラル、良質のタンパク質、ビタミンB12という造血ビタミンを含有していることもそのテレビ番組で知りました。また、豆乳には造血に必要な鉄分の吸収を助けるマンガンや銅が多く含まれていることも知りました。

それから、椎茸にはビタミンB群が含有されているので血液循環をよくしてくれる効果があること、ナイアシンという成分が肌荒れに効果があることも知りました。

食生活の抜本的改善で、貧血の症状が軽くなり、顔色がよくなった

食生活を根本的に改善してきたことで、ここ数年は生理期間中でも貧血が軽減されてきました。お蔭で寝起きもよくなり、顔色も以前と比べたら比較にならないほど良くなってきました。何よりも、仕事に出掛ける夫のためにお弁当を作ってあげれるようになったことが一番良かったと思います。それから、肌荒れも次第に治まり始め、あれほど億劫だった外出も気軽にできるようになってきました。

コスト的には、納豆も豆乳も高価なものではないので助かっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加