ツラい貧血症状の改善におすすめなのが鉄分&ビタミンC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

102_レバー_re

夫、4歳の娘と暮らしている兵庫在住の44歳の主婦です。主人はメタボ気味、そして私は痩せすぎで体力不足を感じています。実は私は昔から貧血。毎日の生活にも支障をきたしている貧血を解消すべき試したことについてご紹介していきます。

若い頃からの貧血症状・・・いつも体力不足でした

貧血は今に始まったことではありません。実は、中学生からなのでずいぶん長い付き合いです。また、同時に血圧も低いため、朝の寝起きは最悪でした。すっきり目覚めることもほとんどなく、やっと起きたかと思うと顔色が悪かったのです。当然、毎日だるさと闘っており、授業中もまったく集中できませんでした。また、貧血のせいで授業中も眠くなり、毎日が本当に辛く「覇気」がなかったと思います。

でも、当時は「貧血」とは自覚していなかったのです。単に、体質なのかと思って諦めていたものです。当然、何の対策もしないまま大人になってしまいました。普段から貧血なのに加えて、生理の時にはさらに体調が悪く、職場に行ってもフラフラな状態でした。でも「生理だから仕方がないか」くらいに簡単に考えていたのかもしれません。

そんな時に、職場での健康診断で血液検査がありました。そこで、ヘモグロビンの数値が基準よりも低いという事実を初めて知ったのです。医師によると、数値が低いため疲れやすく元気がないということでした。そこで、貧血を改善したいと対策を始めてみました。

鉄分を摂取するためレバーに注目しました

鉄分というと「レバー」をイメージする方も多いですよね。私も鉄分を摂取しなければという思いで、まずは苦手だったレバーにも挑戦するようになりました。そして、その他の鉄分入りの食品にも注目してみたのです。

ほうれん草やしじみ、きくらげやひじきなど・・・。それらを定期的に料理に使うようにしていきました。主人もとても協力的で、いろいろなサプリメントや食べ物を買ってきてくれました。中でも、ローラ(鉄、葉酸)や明治のサプリメント、若甦(日邦薬品工業)などが効果があったものです。

鉄分吸収のサポートをするのがビタミンC

鉄分をより体に吸収しやすくするには「ビタミンC」を摂取するのがいいそうなのです。そこで、オレンジジュースを飲んだり、みかんやりんごなどのフルーツも摂取するようにしました。

また、鉄分についても情報を収集した結果、カルシウムは鉄分と一緒に体外へ排出されやすいことも知りました。さらに、ヘム鉄の方が非ヘム鉄よりも体に吸収されやすい、つまりレバーはヘム鉄で吸収されやすいという知識も得ました。貧血を治すにはまずは鉄分の吸収です。そこで、これらの知識を考えながら実践。ビタミンCと鉄分の組み合わせにチャレンジしていったのです。

多少の出費は健康のためには割り切っています

さまざまなサプリメントや薬剤を試しました。その中でも、若甦は滋養強壮にも効果があって、ローラにも鉄分が入っていて貧血には適しています。多少の出費はありますが、健康のためと考えるとあまり痛くないというのが正直なところです。また、ビタミンCとして手軽に摂取しているオレンジジュースも高価ではありません。それが続けられる秘訣だと思っています。

毎日、このように食事やサプリメントに気をつけるようになってから、貧血の数値もだいぶ改善されてきました。まずは寝起きがスッキリとしたこと。一日の始まりがこんなにも心地いいのは、やはり貧血が改善してきたからなのでしょう。そして、日中のだるさも軽減されてきています。これからも、健康のために食生活には気をつけていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加