肥満改善にも有用!血糖値上昇を穏やかにしてくれるグァバ葉ポリフェノールとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血糖値_re

肥満改善にも有用!血糖値上昇を穏やかにしてくれるグァバ葉ポリフェノール

「グァバ葉ポリフェノール」は、グァバの葉に多く含まれるポリフェノールで、私達人間にとって大切な栄養素の一つです。白く可愛い花を咲かせるトロピカルフルーツで広く知られており、健康茶としての長い歴史を持っています。

ポリフェノールが注目を浴びる様になったことで、グァバポリフェノールが持っている強力な健康パワーも認識され始めました。

グァバ葉ポリフェノールが血糖値の上昇をセーブできるのはなぜ?

グァバ葉ポリフェノールは、糖質の消化吸収を穏やかにしてくれる働きを持っており、血糖値の激しい上昇をセーブする力があると認められています。食事で摂取した糖質を分解して、酵素の働きを食い止めます。

吸収されていない糖は、腸内細菌に役立てられたり、体外にそのまま排出されることになります。

肥満解消の効果でも注目されるグァバ葉ポリフェノール

抗酸化作用を持つグァバ葉ポリフェノールの研究は進められた結果、肥満を解消する効果もあるということが発見されています。このため、ダイエット効果についても期待できます。

肥満の原因は、糖質が脂質へと変化して体脂肪が蓄積されることですが、糖質が脂肪に変わらなければ太りにくい体質になります。

グァバ葉ポリフェノールといえばやっぱりグァバ茶!

グァバ葉ポリフェノールといえば、健康効果の高い「お茶」として有名です。

このグァバ茶にはグァバの葉のポリフェノールが豊富に含まれています。苦味を殆ど感じず美味しく飲めるグァバ茶も登場していますので、毎日持続して飲むことができます。ユニークな作り方としては、希釈タイプのものを炭酸や発泡酒などで割る方法があります。

グァバ茶の具体的な入れ方やアレンジ法の紹介

グァバ葉ポリフェノールを摂取することができる「グァバ茶」の入れ方は、煮出す他にもティーポットを使用して蒸らす方法があります。ティーバックのものであれば、お湯を注げばすぐに飲めます。清涼感のあるハーブ(レモングラスやペパーミントなど)との相性も抜群ですので、それらを加えても美味しくなります。

血糖値が気になっている場合には、食事中または食後に飲むのが効果的です。

グァバ葉ポリフェノールは1日にどれくらい摂取するべきか

グァバ茶の場合、1日あたり約200ml程度を目安に飲むのが良いとされていますが、過剰に飲用したとしてもグァバ葉ポリフェノールによる副作用などは特にありません。また、漢方ではグァバ葉の1日あたりの摂取量の目安は約9g程度とされています。

いずれにしても、初めのうちは少量から摂取してみると良いでしょう。

グァバ茶ならお手軽に摂取できる!グァバ葉ポリフェノールで健康な体づくり

グァバ葉ポリフェノールの持つ健康パワーは科学的にも証明されており、健康茶やサプリメントなどの製品も多く目にするようになりました。血糖値を下げたり、肥満の解消をする力は、この成分の最も大きな特徴です。グァバのお茶でならアイス・ホットどちらでも手軽に摂取できる上、好みに合わせてアレンジも楽しめます。

血糖値や肥満が気になる方にとっては、特に試す価値のある成分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加