肥満防止とコレステロール値降下のガルシニアは、生活習慣病予防に最適!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性_re

肥満防止とコレステロール値降下のガルシニアは、生活習慣病予防に最適!

ガルシニアはマンゴスチンの仲間で、黄色の実をつける植物です。東南アジアや南アジアでは、古くからスパイスとして用いられてきました。

ダイエットという言葉とよく一緒に耳にする植物かもしれませんが、この植物は肥満を防ぎ、コレステロール値も下げてくれるので、お腹周りの気になる、生活習慣病予備軍の方々の健康管理にとても役立つようです。

ガルシニアで理想のボディラインに?

肥満にはいろいろな種類があります。よく、メタボリックシンドロームなどという言葉も聞かれますが、不健康なほど体脂肪が蓄積してしまうなら、生活習慣病の原因になってしまいかねません。

そこでガルシニアが役に立ちます。この成分は体脂肪の増加そのものを抑えますから、長い期間摂ると、少しずつボディラインが細くなってくる可能性があります。運動と組み合わせて、ブドウ糖の燃焼も促せば、さらに効果的ですよ。

ガルシニアは血中のコレステロール値を調節

人間のからだは放っておくと、20代ごろをピークにして、基礎代謝がどんどん下がってきます。そうすると、コレステロール値が上がりやすくなり、血管がどろどろしたり、血栓(血管のつまり)が出来やすくなってしまうことも。

ガルシニアは、単に体脂肪が付きにくくするだけでなく、血液中の脂肪分すなわちコレステロールを適度に減らしてくれます。40代くらいからは、いろいろな疾病の予防のために、ぜひとも摂りたいものです。

ガルシニア入りの美味しいカレーライス

痩せたい方はカロリーを気にすることが多いですが、それに加えて、スパイスの効果を上手に使いこなすこともおすすめです。

ガルシニアはインドなどで料理に使われるスパイスの一種ですから、当然、カレーなどに入れると美味しいです。スーパーなどで手に入るとは限らないものの、WEBショップなどでは簡単に手に入るでしょう。カレーだと唐辛子なども一緒に摂ることができ、ダイエット効果がきっと高くなりますよ!

ダイエット食品の定番ともいえる「ガルシニア茶」

ドラッグストアなどに行くと、健康食品のコーナーにはガルシニア茶が置いてある場合があります。この植物をいつもの料理の中で使うには、アジア料理のレパートリーがかなり必要になってしまいそうですから、一番簡単な方法としては、お茶として飲むのもよいかもしれません。

食事に含まれる脂肪分の吸収を抑えたいなら、食前30分くらいに飲んでおくとよいようです。

サプリメントでは過剰接収も注意したいところ

このスパイスには、ヒドロキシクエン酸という物質が含まれ、この物質に換算して1500mg以内が目安量とされています。

また、ガルシニアを摂りすぎると、精巣の機能に影響が出る可能性が、厚生労働省によって示唆されているようです。料理に使うような普通の量では、何も問題は起きないと思われますが、サプリメントなどの場合には、必要以上に摂り過ぎないよう、ヒドロキシクエン酸の含有量を確認して購入するとよいでしょう。

ダイエットの必要が課せられているすべての人に「ガルシニア」

ガルシニアは、食事に含まれる糖分や脂肪分を、からだに付きにくくしてくれます。ですから、美味しいものをそれほど我慢しなくても、減量に成功する可能性があります。

本気で体脂肪を減らしたい方や、または病院などから言われてその必要の課せられている方は、他のダイエット成分と合わせて、食前に飲む手軽な健康茶を始めてみてもよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加