脂肪の阻止や食欲抑制が発見!ヒドロキシクエン酸って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

脂肪の阻止や食欲抑制が発見!ヒドロキシクエン酸に見る有効性

ヒドロキシクエン酸は、熱帯植物などに多く含まれている成分です。この成分の研究により、脂肪の蓄積を妨げるという効果がある事が分かってきました。そのため、肥満を抑えることによるダイエットに有効な成分として期待がされています。

また、血糖値を安定させることにより食欲を抑える効果についても注目することができます。

食欲抑制をもたらすヒドロキシクエン酸の作用

栄養成分からエネルギーを取り出すサイクルとして、糖質の代謝経路があります。その際に、ヒドロキシクエン酸脂肪は、脂肪を生み出されることを阻害する効果を持っています。

そのため、多少糖質を多く摂取したとしても、脂肪が蓄積されることを防ぐことになり、ダイエットに効果があるという確かな成果をもたらします。

ヒドロキシクエン酸で抑えられる?食欲抑制の働き

ヒドロキシクエン酸は、血糖値を安定化させる効果がある点でも魅力があります。

血糖値と空腹感は、互いに密接な関係を持っています。血糖値が安定すれば、空腹感が抑制されることになり、食欲に惑わされることがありません。過剰な食事を抑えられれば、摂取カロリーを控えて根本的なダイエットができます。

ヒドロキシクエン酸を含む代表的なガルニシアの実

ヒドロキシクエン酸の成分が世に知られるようになったきっかけを作ったのが、ガルニシアと呼ばれている果実です。

ガルニシアは、強い酸味を持つ果物であり、そのまま生で食することが可能です。本来、この成分はクエン酸と近いという特徴を持っているため、レモンなどの柑橘類と同様の使い方ができます。

ヒドロキシクエン酸の香辛料としての利用

インドなどの地域では、ヒドロキシクエン酸を含むガルニシアの果実を、生食だけでなく香辛料として加工してきた歴史があります。

ガルニシアの皮や実は、乾燥させることにより香辛料として使うことが可能です。カレーのスパイスとして用いられる事も多く、調理のレパートリーを増やす手段として有望です。

250mg以上を目安としたヒドロキシクエン酸の摂取

ヒドロキシクエン酸は、1日の摂取する量の目安として、250mgから1000mgを範囲としています。

ダイエットを目的として適量の摂取を目標することにより、無理な食事制限をすることなく健康的に痩せることが可能です。リバウンドのリスクが少ないといった事も、この成分が高く評価されている点です。

ダイエットの成功が現実になるヒドロキシクエン酸

現代人にとって肥満は深刻な問題です。その問題に対して、ヒドロキシクエン酸の成分がもつ効果の有効性が分かってきました。

ガルニシアの果実に含まれている有効成分の発見により、これまでのダイエットの苦労が解消される可能性があり、ガルニシアの食材やサプリメントが登場しています。健康的でリバウンドの心配が少ない成分として、魅力が大きいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加