血液の流れをサラサラに!?青魚に含まれるヘキサデカテトラエン酸がスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コレステロール値_re

血流が良くなって健康効果があるヘキサデカテトラエン酸

青魚に含まれるヘキサデカテトラエン酸が血液の流れを良くする効果あると最近注目されています。血行不良という症状は実は深刻な問題です。血行が悪いことで冷え性になったり、便秘がちになったり、いつも寒い感じがするなど体調が良くない状態が続いてしまいます。

青魚には近年の研究で不飽和脂肪酸であるヘキサデカテトラエン酸が含まれていることが分かってきました。「脂肪酸」と聞くと「脂肪」とあることから体には良くないイメージを持つ人が多いかもしれません。実はこのヘキサデカテトラエン酸という不飽和脂肪酸は体に良い働きをする成分です。空気に触れると固まって血流を悪くしてしまうのが、体に悪影響のある脂肪酸なのです。

そしてヘキサデカテトラエン酸は血中で固まっている脂肪酸を燃やしてくれる効果があるので、血行改善の効果があるというわけです。日本人は周囲が海に囲まれている国であることから、むかしから魚を食べる風習がありますよね。古くから魚を食べて、このような栄養成分を知らず知らずのうちに摂取していたのでしょう。

青魚に豊富に入っているヘキサデカテトラエン酸

ヘキサデカテトラエン酸は青魚を積極的に食べることから摂取が可能です。最近の日本人は食生活が欧米化していることから、魚を食べる機会が減ってきているのかもしれません。なかなか自宅で魚を焼くということも少ないのかもしれませんね。旬の魚を焼いて食べるのは、美味しくいただけて、かつヘキサデカテトラエン酸の効果を期待できるベストな方法なのですが、缶詰で食べる方法も手間がかからず簡単に摂取できる方法です。

これならば旬の時期でない時でも、缶詰を開けて気軽に食べることができますよね。いつでも好きな時に食べることができるのが缶詰のメリットです。そのまま食べても良し、調理に一工夫しても良しという便利な缶詰を利用して青魚のヘキサデカテトラエン酸を摂取してもいいかもしれませんね。

脂肪を燃焼させてダイエット効果が嬉しい魅力

ヘキサデカテトラエン酸の魅力はダイエット効果もあることかもしれません。この不飽和脂肪酸は脂肪を燃焼させる力もあり血行をよくしてくれます。血液が滞っている時に落ちていた代謝がアップして、少しの運動でもダイエット効果が感じられる嬉しい魅力があります。

また新陳代謝がアップするため、細胞分裂がさかんになって皮膚の再生もスムーズに行われます。細胞が活性化されることはお肌の若返りにも繋がりアンチエイジング効果も期待できるというわけなのです。

理想の摂取量について

青魚に含有されているヘキサデカテトラエン酸が、健康に効果が大きいと聞くと「たくさん摂取するといいのでは?」なんて思ってしまいますよね。でも、ただやみくもに摂取してもよくないと言われている成分なのです。成人の大人ですと一日に必要な理想量というのが決まっていますが、青魚1匹相当分の500ミリグラム程度と言われています。

ただし、毎日のように青魚を食べるというのも面倒ですよね。それに飽きてしまうのが正直なところ。そこでおススメはヘキサデカテトラエン酸のサプリメントです。これならば、毎日のように摂取しても継続できそうですね。

日本人の魚離れ

魚を食べる機会が少ないという方も多いかもしれません。その理由は「魚を焼くのが面倒」という人もいれば「骨がイヤ」という人もいるようです。青魚を積極的に食べることが、ヘキサデカテトラエン酸の効果を実感できることに繋がるので、缶詰などを毎日の食事に取り入れて上手に健康になっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加